for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米国株見通し:下げ渋りか、金利安なら買戻しも


*14:53JST 米国株見通し:下げ渋りか、金利安なら買戻しも
(14時50分現在)

S&P500先物      4,118.38(-8.12)
ナスダック100先物  13,734.88(-59.37)


グローベックス米株式先物市場でS&P500先物、ナスダック100先物は軟調、NYダウ先物は50ドル安。NY原油先物(WTI)は弱含み、本日の米株式市場は売り先行となりそうだ。


20日の取引で主要3指数は続落。ダウは34000ドル台を維持できず、256ドル安の33821ドルで取引を終えた。前週に最高値更新の強気相場が続いたため調整含み売りが出やすいなか、新型コロナウイルスの世界的なまん延で回復に遅れが生じるとの警戒感が広がった。また、海外渡航制限の再開への思惑から、航空関連や消費関連への買戻しは後退。一方、長期金利は低下したものの、ハイテク関連に売りが強まり指数を下押しした。


本日は下げ渋りか。日本をはじめ世界的にコロナ再拡大が深刻化し、投資家心理を圧迫しそうだ。引き続き海外との関係の強い企業が注目され、売りを主導する可能性があろう。半面、ワクチン接種の進ちょくを受け内需関連は売りづらい見通し。他方、今後予定される国債入札の結果が意識され、金利の低下を背景に株式の買戻しが期待される。なお、本日決算発表のハリバートンやディスカバー・フィナンシャル・グループなどに動意が見込まれる。




《TY》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。 【FISCO】
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up