for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

前場に注目すべき3つのポイント~新興市場の中小型株での短期的な値幅取り狙いや政策テーマに絡んだ物色に~


*08:44JST 前場に注目すべき3つのポイント~新興市場の中小型株での短期的な値幅取り狙いや政策テーマに絡んだ物色に~
19日前場の取引では以下の3つのポイントに注目したい。

■株式見通し:新興市場の中小型株での短期的な値幅取り狙いや政策テーマに絡んだ物色に
■AFC-HD、22/8業績予想 営業利益15.0億円
■前場の注目材料:トヨタ、超小型EVの改造アイデア探る、水陸両用の緊急車両


■新興市場の中小型株での短期的な値幅取り狙いや政策テーマに絡んだ物色に

19日の日本株市場は、引き続きこう着感の強い相場展開になりそうだ。18日の米国市場はNYダウが60ドル安だった。昨日引け後に発表された決算に失望したシスコシステムズの下落がダウを押し下げる格好となった。また、世界で新型コロナ感染が再流行しているため景気回復懸念が広がったほか、連邦準備制度理事(FRB)のパウエル議長再任の行方もいまだ不透明で警戒感が台頭し終日軟調に推移した。一方で、ナスダックは好決算を発表した半導体メーカーのエヌビディアの上昇がけん引し反発。シカゴ日経225先物清算値は大阪比40円高の29610円。円相場は1ドル114円20銭台で推移している。

シカゴ先物にサヤ寄せする格好からやや買い先行で始まりそうだが、日中はこう着感の強い相場展開になりそうである。経済対策の発表を控えて売り込む流れにはならないと見られる一方で、いったんは材料出尽くしといった見方も出てきやすいところだろう。また、昨日はハンセン指数の下落を受けて売り仕掛け的な動きも見られていたため、引き続き上海やハンセン指数の動向なども警戒する動きに向かいやすいと考えられる。

そのため日経平均は25日線を支持線とする一方で、5日線が上値抵抗線として意識される格好でのこう着といったところか。経済対策の発表で材料出尽くしといった動きを見せてくる局面においては、押し目狙いのスタンス。また、米国ではエヌビディアの上昇はある程度織り込まれているものの、AMDなど他の半導体株も買われているため、昨日、日経平均の重荷となった東エレク
8035、アドバンテスト6857など値がさハイテク株の反発材料になりそうである。

日経平均はこう着感の強い相場展開となるなか、物色の流れとしては新興市場の中小型株での短期的な値幅取り狙いの動きに集中しやすいだろう。足元で強い値動きを見せている銘柄などへの好循環が続いていることもあり、個人の需給状況も良好と見られる。また、経済対策に関連したテーマ株などへの循環的に資金が向かいやすい需給状況だろう。週末要因から資金の逃げ足は速いと考えられるものの、順張りスタンスといったところか。


■AFC-HD、22/8業績予想 営業利益15.0億円

AFC-HD
2927は2022年8月期の業績予想を発表。売上高は前期比7.3%増の240.0億円、営業利益を同33.2%減の15.0億円とした。国内の健康食品・化粧品の製造販売については好調を維持するものの、6月より連結子会社化したのれん償却費用に加え、百貨店店舗や飲食店舗については、アフターコロナの市場環境を保守的に見込んだ。


■前場の注目材料

・ナスダック総合指数は上昇(15993.71、+72.14)
・シカゴ日経先物は上昇(29610、大阪日中比+40)
・1ドル114.20-30円
・SOX指数は上昇(3899.96、+68.52)
・米原油先物は上昇(78.41、+0.86)
・米長期金利は低下
・米国景気の拡大
・日銀は金融緩和を長期化
・株価急落時の日銀ETF買い


・トヨタ
7203超小型EVの改造アイデア探る、水陸両用の緊急車両
・アマダ
6113ファイバーレーザー機で鋼材・鉄骨市場参入
・クボタ
6326印農機大手を子会社化、シェア30年に25%
・ホンダ
7267国内4輪車工場を通常稼働、来月上旬から
・アイシン
72592700億円投資、25年度めど、電動化対応
・OKK
6205日本電産傘下で経営再建、“MCの名門”海外展開に活路
・日本電気硝子
5214オール酸化物の全固体ナトリウム電池を開発
・デンソー
6902レアアース不要に、鉄ニッケル磁石の小型モーター用開発
・GSユアサ
6674全固体電池用の窒素含有硫化物電解質、イオン伝導・耐水性向上
・東レ
3402メキシコでラージトウ炭素繊維増強、風力発電翼向け
・三井化学
4183マイクロ波化学と連携、混合プラ再生で新技術
・資生堂
4911R&D拡大、社内外の価値観融合
・日本製紙
3863紙パック5—12%値上げ、来年4月納入分から


☆前場のイベントスケジュール

<国内>
・08:30 10月全国消費者物価指数(生鮮品除く)(前年比予想:+0.1%、9月:+0.1%)
・政府経済対策決定

<海外>
・特になし
《ST》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。 【FISCO】
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up