for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米国株見通し:底堅い値動きか、原油安の影響を見極め


*15:01JST 米国株見通し:底堅い値動きか、原油安の影響を見極め
(14時50分現在)

S&P500先物      4,706.00(+11.50)
ナスダック100先物  16,616.75(+41.75)


グローベックス米株式先物市場でS&P500先物、ナスダック100先物は上昇。NYダウ先物は100ドル高、アジア株は持ち直し、本日の米株式市場は買い先行となりそうだ。


19日の主要3指数はまちまち。堅調のナスダックは連日最高値を更新したが、ダウは3日続落で268ドル安の35601ドルで取引を終えた。新型コロナウイルス感染の再拡大で、オーストリアが全国民を対象としたロックダウン(都市封鎖)に踏み切ったほか、ドイツが非常事態となり欧州リスクに懸念が強まった。また、NY原油先物(WTI)が急落し、エネルギー関連が急落。ただ、金利安を受けたハイテク株買いが相場を支えた。


本日は底堅い値動きか。ユーロ圏でのコロナまん延を見極める展開で、積極的な買いは手控えられそうだ。一方、石油備蓄の放出やコロナ再拡大に伴う需要減で原油相場が急落し、エネルギー関連の売りが相場に影響しよう。半面、原油高を抑えられれば連邦準備制度理事会(FRB)が「一時的」とするインフレの見方を後押しし、早期利上げ観測を弱める可能性もあろう。金利安でハイテク株は売られても、全般的には下げづらいとみる。




《TY》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。 【FISCO】
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up