for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

NY株式:NYダウ9ドル安、早期利上げ観測が重し


*07:00JST NY株式:NYダウ9ドル安、早期利上げ観測が重し
米国株式市場はまちまち。ダウ平均は9.42ドル安の35804 38ドル、ナスダックは70.09ポイント高の15845.23で取引を終了した。週次失業保険申請件数が52年ぶり低水準となったほか、10月PCEコアデフレーターが31年ぶりの大幅な伸びとなり早期の利上げ観測が強まったため、寄り付き後、下落。また、連邦準備制度理事会(FRB)が公表した11月開催分の連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨でも数人の高官が量的緩和(QE)縮小ペースの加速を支持したことが明らかになり利上げ観測を後押しし、終日軟調に推移した。ただ、引けにかけては感謝祭の祭日を控えた買戻しなどにダウは下げ幅を縮小。金利上昇が一段落したためナスダック総合指数は上昇に転じ終了した。セクター別では半導体・同製造装置が上昇した一方、素材が下落した。

農機具メーカーのディア(DE)は決算で1株利益が予想を上回ったほか、強い需要が長期間続いた従業員のストライキによる損害を相殺したと言及し買われた。クラウドサービスを提供するヴィエムウェア(VMW)やコンビューターメーカーのHP(HPQ)は四半期決算内容が予想を上回ったほか、強い見通しが好感され、それぞれ上昇。一方で、衣料小売りのギャップ(GPS)やノードストローム(JWN)は昨日取引終了後に決算を発表、人件費などコストの上昇や在庫不足問題などが指摘され、大幅下落した。コーチなどのブランド運営するタぺストリー(TPR)、衣料ブランドのラルフローレンなども連れて売られた。電気自動車メーカーのテスラ(TSLA)はマスク最高経営責任者(CEO)が10.5億ドル相当の自社株を追加で売却し、下落。

FRBはFOMC議事要旨の中で、インフレ見通しが不透明で政策に柔軟性が必要だと強調した





Horiko Capital Management LLC


《FA》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。 【FISCO】
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up