for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

買い一巡後は模様眺めムード広がる【クロージング】


*15:58JST 買い一巡後は模様眺めムード広がる【クロージング】
25日の日経平均は反発。196.62円高の29499.28円(出来高9億5000万株)で取引を終えた。前日に400円以上急落した反動に加え、24日の米国市場でハイテク関連株が上伸したことなどから、買い戻しの動きが強まった。前場中盤には、一時29570.42円と心理的な節目である29500円を回復する場面が見られた。ただし、今夜の米国市場が感謝祭で休場となるだけに、市場参加者は限られていることもあって積極的に買い上がる流れにはならず、買い一巡後は模様眺めムードが広がり、29500円を挟んでの小動きにとどまっていた。

東証1部の騰落銘柄は、値上がり、値下がり銘柄数はほぼ拮抗していた。セクター別では、証券・商品先物、鉱業、陸運、電気ガス、その他金融など24業種が上昇。一方、空運が3%超と大きく下落したほか、パルプ紙、食料品、ゴム製品、サービス、水産農林など8業種が下落(1業種は変わらず)した。指数インパクトの大きいところでは、ファーストリテ
9983、ファナック6954、ソフトバンクG9984、テルモ4543、東エレク8035が堅調だった。半面、リクルートHD6098、スズキ7269、NTTデータ9613、味の素2802、トヨタ7203が軟化した。

日経平均はひとまず反発したものの、前日の下げ幅の半値戻しの水準にも達しなかっただけに、自律反発の域を抜け出ていないとの見方が多い。また、米国では良好な経済指標を背景にインフレ高進に対する懸念は拭えず、早期利上げ観測がくすぶっているだけに、長期金利に上昇基調が続けば、指数インパクトの大きいハイテク関連株を積極的に買い上がる雰囲気にも至らない。中間配当の再投資で下値は固いと見る向きはいるものの、新規の買い材料に乏しい状況なだけに、目先は米国のインフレ状況をみながらの展開が続きそうで、不安定な値動きは続きそうだ。




《FA》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。 【FISCO】
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up