for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

東京為替:ドル・円は反発、午後は一時138円台


*17:21JST 東京為替:ドル・円は反発、午後は一時138円台

22日の東京市場でドル・円は反発。米債務上限問題を嫌気したドル売りが先行し、午前中は一時137円49銭まで下落。ただ、日経平均株価の上げ幅拡大で円売りに振れたほか、ドルは米金利高で買いが強まり、朝方の高値を上抜け138円04銭まで上昇した。

・ユーロ・円は148円84銭から149円27銭まで上昇。
・ユーロ・ドルは1.0829ドルから1.0795ドルまで値を下げた。

・17時時点:ドル・円137円80-90銭、ユーロ・円148円90-00銭
・日経平均株価:始値30,735.71円、高値31,086.82円、安値30,689.27円、終値31,086.82円(前日比278.47円高)

【経済指標】
・日・3月機械受注(船舶・電力除く):前月比-3.9%(予想:+0.4%、2月:-4.5%)

【要人発言】
・中国外務省
「バイデン米大統領が中米関係の変化を試み、近く対話が行われる可能性」
「中国を正しく理解してなかば譲歩し、両国関係を再び軌道に乗せるよう求める」



《TY》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。 【FISCO】
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up