for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up
日本株

ハブ<3030>ブラジルワールドカップ開催で集客増に期待

*10:16JST ハブ

3030

ブラジルワールドカップ開催で集客増に期待

ラジオNIKKEI マーケットプレスの『フィスコ presents 注目企業分析』6月9日放送において、ハブ

3030

を取り上げている。主な内容は以下の通り。

■事業概要

英国風パブを首都圏中心に展開。首都圏でのブランド力を背景に関西や仙台などにも出店エリアを広げ、14年2月末の段階では84店舗。4年に一度の祭典であるブラジルワールドカップの開催が目前に迫っていることで注目したい。足元の月次動向では、4月の既存店売上高は前年比+3.9%と1月以来のプラスに転じているが、13日の午前3時からスタートするワールドカップ放送に合わせて6月は各店舗、サッカー中継が目白押しとなっている。4年前の南アフリカ大会の際には前年比+27%に達したことなどから今回も賑わいが期待されるところ。

■業績については

2008年に策定した中期経営計画において、17年のビジョンを売上高100億円、経常利益8億円としたが、今年4月に改めて策定した中期経営計画において、16年度で達成する見込みと1年前倒しとした。安定した成長力は継続と言えよう。

■足元の株価動向に関しては

流動性が低いことでトレードチャンスを逸するリスクはあるが、足元の株価動向は、決算発表に絡んだ売りで4月14日に年初来安値3800円をつけたが、この水準をボトムに戻り基調が鮮明となっており、先週末4月戻り高値4345円を更新している。週足の一目均衡表では、雲上限レベルから上放れており4月戻り高値と同じ水準である基準線をクリア。中期的な反発基調は継続すると見る。

ラジオNIKKEI マーケットプレス

『フィスコ presents 注目企業分析』毎週月・木曜14:30~14:45放送

《TM》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。 【FISCO】
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up