Reuters logo
マネパG Research Memo(5):大量注文に対応可能な独自システムが重要な事業インフラに
2014年7月14日 / 17:28 / 3年後

マネパG Research Memo(5):大量注文に対応可能な独自システムが重要な事業インフラに


*17:28JST マネパG Research Memo(5):大量注文に対応可能な独自システムが重要な事業インフラに
■会社概要

(4)事業モデル

マネーパートナーズグループ8732の営業収益の源泉は、顧客向けの売りと買いの差から生じる差益(スプレッド)を取ること、簡単に言えば売買益だ。同社自身が瞬間的にポジションを取ることもあり、また顧客同士の注文の付け合わせ(いわゆる、食い合い)によって差益を取る場合もある。しかし、同社自身がポジションを取り続けることはリスクが高いため、最終的にすべてのポジションは外部のカウンターパーティ(主要な銀行、証券会社等15社)からレート提示を受けることでカバーしている。この仕組みを要約すると、次のような流れとなる。

(a)複数の銀行、証券会社(カバー先)からレート提示を受ける
(b)顧客へレートを提示する
(c)顧客からの売買注文を受ける
(d)この注文をカバー先への発注でカバーし、差益を取る

この場合、対顧客と対カバー先のレートの差額が同社の収益となる。上図の例では、(102.035−102.033)×1万ドル=20円が同社の収益となる。一見少額のようだが、大量の取引が行われるため、年間では数十億円規模の収益となる。

このような事業モデルから、多くの顧客が参加して大量の売買を行うことが同社の収益を増加させることになる。さらにスプレッドを大きくすればマージンが高くなるが、これは顧客の取引コストを上げることになり、サービスを低下させることになる。そこで同社では、できるだけスプレッドを小さくする一方で、外部カバーを適切に行う(リスクを減らす)ことで収益を確保している。

このような複雑な大量注文を瞬時に判断、処理していくためにはシステム対応が不可欠なのは言うまでもなく、いかに効率的なシステムを開発するかが収益を左右する大事な要素となる。同社ではこのシステムを自社開発(一部外注)しており、このシステム開発と運用に同社のノウハウが詰まっていると言っても過言ではないだろう。


(執筆:フィスコ客員アナリスト 寺島昇)


《NT》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below