Reuters logo
ヒマラヤ Research Memo(1):店舗数の拡大やプロパー販売力の強化で2期ぶりの増収増益決算
2015年11月18日 / 07:53 / 2年後

ヒマラヤ Research Memo(1):店舗数の拡大やプロパー販売力の強化で2期ぶりの増収増益決算


*16:47JST ヒマラヤ Research Memo(1):店舗数の拡大やプロパー販売力の強化で2期ぶりの増収増益決算
ヒマラヤ7514は、一般スポーツ、ゴルフ用品の小売チェーンで業界3位。関東以西の中小規模商圏をターゲットにドミナント戦略による出店を拡大中。グループ店舗数は2015年8月末で151店舗。

9月28日に発表された2015年8月期の連結業績は、売上高が前期比4.8%増の72,360百万円、経常利益が同11.2%増の2,461百万円となり、2期ぶりの増収増益決算となった。消費増税の影響に加えサッカー用品の売上が低迷したものの、ランニング関連用品やアウトドア用品の好調、並びに店舗数の拡大により連続増収を継続した。また、利益面では季節商材を中心に適時適量仕入を推進したこと、新商品のプロパー販売力を強化したことによる売上総利益率の改善で増益となった。

2016年8月期の連結業績は、売上高が前期比5.4%増の76,300百万円、経常利益が同6.4%増の2,620百万円と増収増益を見込む。年間で10店舗以上の出店を行い、販売エリアを拡大していくほか、適時適量仕入やプロパー販売力の強化を継続して行うことで、増収増益を目指していく。

中期3ヶ年計画では最終年度となる2018年8月期に売上高86,000百万円、経常利益3,400百万円を目標に掲げた。年間10店舗以上の出店継続による売上拡大と合わせて、EC事業への取り組みも今後強化していく方針。同社の場合、東北、北海道エリアなど未開拓エリアも多くあり、中長期的な成長余地は大きいと言えよう。

■Check Point
・売上高と純利益は過去最高を更新
・スポーツ参加人口の増加や東京五輪で市場全体は堅調に推移
・原価率は改善傾向が続く、適時適量仕入やプロパー販売力の強化で更なる改善も

(執筆:フィスコ客員アナリスト 佐藤 譲)


《HN》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below