Reuters logo
アジュバン Research Memo(5):ヘアカラー剤の取扱いサロン数を拡大し、今後の立て直しを目指す
November 25, 2015 / 7:13 AM / in 2 years

アジュバン Research Memo(5):ヘアカラー剤の取扱いサロン数を拡大し、今後の立て直しを目指す


*16:05JST アジュバン Research Memo(5):ヘアカラー剤の取扱いサロン数を拡大し、今後の立て直しを目指す
■業績の推移

(4)ヘアカラーのテコ入れ

アジュバンコスメジャパン4929は2015年3月期にヘアカラー剤事業に参入し、初年度(6ヶ月間)売上目標300百万円を掲げたが、実績は34百万円と計画を大幅に下回った。今第2四半期も39百万円の計画に対して36百万円の実績であった。同社がヘアカラー剤参入当初に想定したそろばん勘定は、ロイヤルサロン1,200店がカラー剤を半期25万円販売すれば、「1,200店×半期25万円×2=年間600百万円」であった。しかし、現実には各美容サロンは先発メーカーとの間で契約しており、切り替えのタイミングなどで制約を受けるため、同社製品の取扱いサロン数が伸びなかった。

同社のヘアカラー剤取扱いサロン数は、2015年9月末段階で483店にとどまっている。同社は今後の立て直し策として、取扱いサロン数を当初の目標であった1,200店に拡大させることを目指している。2016年3月期は、後述の営業担当者講習の効果により、期末段階で700店を目指している模様だ。また店舗網拡大と合わせて、製品情報を充実させて各店舗の売上高を増大させていく方針だ。

店舗網拡大の具体策として同社は、2016年3月期から、営業担当者に対するヘアカラー剤の講習を行っている。スキンケア、ヘアケアの美容情報同様にヘアカラー剤の知識を深めていく。今後は営業担当者にカラー技術も含めた提案型営業へと切り替える方針だ。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 浅川 裕之)


《HN》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below