Reuters logo
図研--- IoTの流れに乗り、17年3月期に浮上を目指す
2016年5月23日 / 04:03 / 2年後

図研--- IoTの流れに乗り、17年3月期に浮上を目指す


*12:55JST 図研--- IoTの流れに乗り、17年3月期に浮上を目指す
図研6947は、製造業における製品設計・開発業務全体の高度化・最適化を支援する各種ITシステムの開発・製造・販売や、コンサルティングサービスを事業内容とする。

同社の強みは、1976年の設立以来、エレクトロニクス実装設計のためのソフトウェア製品の研究開発を通じて培ったエレクトロニクス設計ソリューションの知見。またワイヤハーネス設計ソリューションを中心として、世界の主要オートモーティブサプライヤーを顧客に持つ最先端の電装制御設計ソリューションの知見。加えて、これら電気と機械両設計分野の設計・製造データを最先端の3次元化技術を駆使して統合管理するITソリューションを開発している総合力にある。

また海外進出も盛んで、海外10か国以上で展開するグローバルネットワークを有している。ソフトウェア開発については現在、日本、イギリス、ドイツを拠点としているものの、今期はモバイル機器の先端技術などで世界をリードする米国においても、研究開発体制を強化していく予定。

足元の業績では16年3月期で、売上高が前年同期比3.1%増の219.52億円となった。その一方で、営業利益、経常利益、純利益はそれぞれ前年同期比で大幅減益。これは今後を見据えて、(1)電気設計システムの国内競合企業の事業買収、(2)輸送用機器、産業機器向けの配線設計システムの米国パートナー企業を買収、(3)米国シリコンバレーでの「Zuken SOZO(創造)Center」を基点にした事業開発活動への注力、(4)自動車設計支援を行うことのできる、次世代電装設計システム「Architecture Planner」をドイツ拠点と協力して開発したことなどにより、関連費用が増大したためである。

17年3月期の通期業績については、売上高が前期比微増の227.00億円、営業利益が同93%増の15.00億円、経常利益が同106%増の15.50億円、当期純利益が同269%増の10.00億円を見込んでおり、先行投資の回収が期待される。



《TN》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below