Reuters logo
アイレップ Research Memo(4):業界内におけるさらなる競争力強化を目指す
July 22, 2016 / 8:36 AM / a year ago

アイレップ Research Memo(4):業界内におけるさらなる競争力強化を目指す


*17:31JST アイレップ Research Memo(4):業界内におけるさらなる競争力強化を目指す
■親会社DACとの経営統合を決定

5月11日の決算発表と同時に、親会社であるDACとの経営統合を発表した。具体的な経営統合のスケジュールは、アイレップ2132の臨時株主総会(7月7日開催予定)とDACの定時株主総会(6月27日開催予定)の承認を経て、2016年10月3日(予定)を効力発生日として、共同株式移転の方法で両社の親会社となる共同持ち株会社D.A.コンソーシアムホールディングスを設立するというもの。

今回の経営統合に至ったのは、大きな環境変化を伴いながら拡大するインターネット広告市場において、両社の強みを支えてきたテクノロジーや新領域となるグローバル分野で両社が適切に協業し、さらに重複した業務はできる限り効率的に集約できる経営形態を採ることが、新しい時代の業界リーダーとして市場を牽引して行くことにつながると考え、両社がそれぞれの機能を保持しながら、共同持株会社を設立し経営統合するのが最適と判断したことによる。

弊社では、1)同社は広告代理店、DACはメディアレップでそれぞれの立ち位置が違うものの、新しい技術研究や海外戦略を共同展開することでリスク、コスト負担を軽減できる、2)共同持ち株会社傘下のメディアレップとエージェンシーの二事業会社体制となることで事業拡大戦略がこれまで以上にスピーディーに行える等のメリットが考えられる。このため、同社単独で上場継続での展開に比べると、業界内における競争力の強化が図れ、中長期的な観点から一段の成長を期待できると評価する。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 森本 展正 )


《HN》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below