Reuters logo
【FISCOソーシャルレポーター】個人投資家キムさん:リートIPOは利益が出るのか?難しい判断
2016年8月4日 / 00:57 / 1年後

【FISCOソーシャルレポーター】個人投資家キムさん:リートIPOは利益が出るのか?難しい判断


*09:51JST 【FISCOソーシャルレポーター】個人投資家キムさん:リートIPOは利益が出るのか?難しい判断
以下は、フィスコソーシャルレポーターの個人投資家キムさん(ブログ「IPO初値予想ブログなら、キムさんのIPO投資日記」の著者)が執筆したコメントです。フィスコでは、情報を積極的に発信する個人の方と連携し、より多様な情報を投資家の皆様に向けて発信することに努めております。

----

※2016年8月3日10時に執筆

2016年もリートの上場は多いですね。
しかし初値結果はあまり良いとは言えないようです。

リートIPO全盛期は2014年あたりだと思われますが、6銘柄上場しすべてのリートにおいて初値が公開価格を上回っています。
その中でも、日本ヘルスケア投資法人3308は騰落率+48.1%にもなります。次いで積水ハウス・リート投資法人3309の騰落率+22.7%です。

一方で、先日上場したマリモ地方創生リート投資法人3470の公開価格は92,000円、初値は88,500円となり騰落率-3.8%です。そもそも公開価格は仮条件の下限で決定していましたので、ある程度予想できた結果でしょう。

三井不動産ロジスティクスパーク投資法人3471の場合はどうでしょうか。公開価格270,000円と仮条件の上限で決定し、ブックビルディング段階で人気となっていたようですが、蓋を開けてみれば初値271,400円、騰落率+0.5%と初値需要が低い結果となりました。三井不動産8801のネームバリューがあり、リートでも人気の高い物流施設主体型です。さらにJCR格付けもAA-となっています。

リート全般についても勢いが鈍ってきたように思います。マイナス金利による借入メリットはあるものの、しばらくはリート上場時の初値は低迷するのかもしれません。日銀決定会合の結果も事前予想を下回る内容と言われており、相場は下落方向に向かっています。

難しい相場はまだまだ続くようです。

----

執筆者名:キムさん
ブログ名:IPO初値予想ブログなら、キムさんのIPO投資日記

《HK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below