Reuters logo
日本エンター Research Memo(5):今秋、東京魚市場の豊洲移転を機に公式ECサービスを開始
2016年8月17日 / 07:01 / 1年後

日本エンター Research Memo(5):今秋、東京魚市場の豊洲移転を機に公式ECサービスを開始


*15:57JST 日本エンター Research Memo(5):今秋、東京魚市場の豊洲移転を機に公式ECサービスを開始
■事業戦略

(2)東京魚市場卸協同組合のEC(電子商取引)サービスの企画・開発・運営

日本エンタープライズ4829100%子会社のいなせり(株)が運営する「いなせり」は、築地市場内に店を構える仲卸から直接食材の仕入れができる料理人専用のWebサービスになる。2016年11月に魚市場が築地から豊洲に移転をするのを機に、ECサービスを開始する。約600社で構成される東京魚市場卸協同組合の仲卸業者が翌日の入荷情報をもとに出品し、飲食事業者が午前2時までに電子発注すると、日本通運9062が豊洲場内買い回りステーションにて荷受け、配送先別に仕分け作業を行う。各配送業者が、飲食事業者の各店舗へ即日配送する。決済は、ソニーペイメントサービス(株)が担当し、クレジット決済もしくは銀行口座引落になる。ECサービスは、現在電話及びファックスを使って行われている業者間の商取引に取って代わる。なお、同市場の年間取引額は約5,000億円と推定されている。仲卸業者が従来の商慣習を変更することになるため、徐々に普及すると想定している。今秋に新規サービスを開始するため、2017年5月期の期初予想では予算に勘案していない。

東京魚市場のECサービスを成功させることで、地方の魚市場や野菜や花卉市場への横展開を狙う。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 瀬川 健)


《HN》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below