Reuters logo
グローブライド---10年かけて支援した「グローブライドの森」にて自然体験学習を実施
2016年9月26日 / 04:41 / 1年後

グローブライド---10年かけて支援した「グローブライドの森」にて自然体験学習を実施


*13:38JST グローブライド---10年かけて支援した「グローブライドの森」にて自然体験学習を実施
グローブライド7990は、同社が支援する「グローブライドの森」にて7月に、ダイワヤングフィッシングクラブ(D.Y.F.C)会員とその保護者を対象に、自然体験学習を目的としたジオキャンプを3日間にわたり開催した。

D.Y.F.Cは1976年に「子どもたちに釣りの楽しさを伝える」釣りクラブとして発足。「地球を感じ、いのちと出会い、のびのび育つ」をスローガンに、釣りを通して、子どもたちの情操教育を行っている。小学生から20歳まで、現在会員数は全国で15,000名を超える。
D.Y.F.C誕生40周年を迎えた今回のキャンプは、初の宿泊を伴う3日間のプログラムとなり、活動の場をこれまでの釣り場から森林へとその範囲を拡充した。

会場となった「グローブライドの森」は長野県須坂市に位置し、森林管理運営を行う一般財団法人仁礼会の敷地内にある。
同社が環境保全の取り組みとして、長野県の「森林の里親促進事業」に賛同し、仁礼会とともに10年かけて再生した。森林の里親促進事業では通常5年契約が多い中、10年間続く成功例は珍しいとのこと。新入社員内定式や里山の手入れなど、折に触れて、この森は同社の活動の場となっている。この活動に対して、2016年1月には「長野県ふるさとの森林づくり賞」にて長野県知事賞を受賞している。



《TN》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below