Reuters logo
イグニス Research Memo(4):2015年9月期3Q以降、「ぼくとドラゴン」が業績の伸びをけん引
2016年9月28日 / 07:11 / 1年前

イグニス Research Memo(4):2015年9月期3Q以降、「ぼくとドラゴン」が業績の伸びをけん引


*16:07JST イグニス Research Memo(4):2015年9月期3Q以降、「ぼくとドラゴン」が業績の伸びをけん引
■決算動向

(2)四半期業績推移

2014年9月期第1四半期からの四半期業績推移を見ると、売上高は中・大規模アプリ(更新型アプリ)への転換期となった前期(2015年9月期)の第1四半期から第2四半期に大きく落ち込んだが、第3四半期に順調に立ち上がった「ぼくとドラゴン」(ネイティブソーシャルゲーム)がイグニス3689の業績の伸びをけん引する形で、再び成長軌道に乗り始めたことが分かる。なお、「ぼくとドラゴン」は前期の第4四半期に大きく伸びたが、その後は好調を維持しながら安定的に推移している。今期の第3四半期は、前述のとおり、更なる拡大に成功した。

損益面では、前期の第3四半期以降、「ぼくとドラゴン」にかかる広告宣伝費及びプラットフォーム手数料が大きく増加している。これらは売上拡大に連動した費用として捉えるのが妥当である。

なお、今期の第3四半期における広告宣伝費が大きく拡大しているのは、前述のとおり、「ぼくとドラゴン」を中心とした既存サービスのステップアップの時期と位置付け、ネットを中心に重点的な広告展開を実施したものである。また、本格的なテレビCMに向けたテストマーケティング費用(約60百万円)も含まれている。また、開発スタッフを中心とした人件費は2014年9月期第4四半期に先行投資的に大きく拡大したものの、その後は落ち着いた動きをしており、戦略的に投下している広告宣伝費を含め、コストコントロールはうまく機能しているものと評価できる。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 柴田 郁夫)


《HN》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below