Reuters logo
コカ・コーラボトラー2社の投資評価を変更、SMBC日興証券(花田浩菜)
2016年9月28日 / 02:47 / 1年後

コカ・コーラボトラー2社の投資評価を変更、SMBC日興証券(花田浩菜)


*11:41JST コカ・コーラボトラー2社の投資評価を変更、SMBC日興証券(花田浩菜)

こんにちは、フィスコリサーチレポーター花田浩菜の「SMBC日興証券の気になるレポート」です。

SMBC日興証券は、コカ・コーラのボトラー、コカ・コーラウエスト2579とコカ・コーライーストジャパン2580の投資評価をいずれも「2」から「1」に引き上げ、目標株価もそれぞれ2,380円から3,580円、1,950円から2,560円へ引き上げると発表しています。

SMBC日興証券では、両社の16/12期以降の営業利益予想を増額。その背景として『国内の清涼飲料業界全体に、(1)容器構成の改善などを通じて実質値上げが浸透し始めたこと、(2)コカ・コーラボトラーの再編が業界全体の低価格競争の抑止力になり始めたこと、(3)業界全体に海外成長を志向し始めており、国内での過当競争が緩和される方向にあること』をあげています。

さらに、現在世界中でボトラー統合の流れが一気に進んでいることから、コカ・コーラウエストとコカ・コーライーストジャパンの『経営統合実現の可能性が高いと考える』ともしていて、今回の評価変更には織り込んでいないものの、統合実現となれば『業績や株価に最大85%のアップサイドがある』と分析。『統合比率やスキームは未知数なため、統合に伴うリスクをヘッジするために、両方の株式保有を推奨したい』としています。

詳しくは、9/28付けの「Opening Bell」を見てみてくださいね。

また、面白いレポートを発見したらご紹介します。

花田浩菜の「気になるレポート」は各種レポートを花田浩菜の見解で注目し、コメントしています。レポート発行人との見解とは異なる場合があります。詳細は発行人のレポートを御確認くださいませ。

フィスコリサーチレポーター花田浩菜



《FA》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below