Reuters logo
Eストアー Research Memo(5):17/3期2Qは増収、利益は大幅減となったが、想定どおりでの着地
2016年12月12日 / 07:43 / 1年前

Eストアー Research Memo(5):17/3期2Qは増収、利益は大幅減となったが、想定どおりでの着地


*16:34JST Eストアー Research Memo(5):17/3期2Qは増収、利益は大幅減となったが、想定どおりでの着地
■業績動向

(1) 2017年3月期第2四半期決算

Eストアー4304の2017年3月期第2四半期は、売上高2,310百万円(前年同期比3.2%増)、営業利益214百万円(同40.5%減)、経常利益208百万円(同42.2%減)、当期純利益142百万円(同37.2%減)と増収減益なった。同社は第2四半期予想を公表していないため計画対比での評価はできないが、利益の水準は社内の計画に対して若干上振れでの着地だったと推測している。

同社は2017年3月期から事業セグメントをEC事業に一本化した。しかしながら売上高の内訳として、従来のシステム事業のフロウとストック、及びマーケティング売上高のマーケティング(旧・販促事業)とメディアの2項目に分けて開示している。

同社が最も注力しているマーケティング売上高は、前年同期比38.6%増となった。顧客のニーズが旺盛なことと、同社側の陣容拡充が大幅増収につながった。

フロウ売上高は、良質顧客の獲得に努めた結果顧客1店舗当たり売上高が右肩上がりで推移していることを反映し、前年同期比3.0%増となった。

ストック売上高は、顧客数に連動する側面が強く、顧客単価(月次のASPサービス利用料単価)は着実に増加したものの、前年同期比で3.1%の減収となった。

メディア売上高は、ECマーケットプレイス『PARK』の広告宣伝費を大きく絞り込んでおり、それを反映して前年同期比40.7%の大幅減収となった。

利益面では営業利益以下の各利益項目が前年同期比で大幅な減益となっているが、これは同社の想定どおりの結果だ。同社はマーケティング支援サービスのための人材獲得に加え、企業としてのブランド価値向上、ビットコイン決済の導入などに、先行投資を積極化させている。そうした費用がかさんだ結果の前年同期比減益であるが、同社の社内計画に対しては費用が想定よりも少なく、利益は計画を上回ったものと弊社では考えている。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 浅川 裕之)


《YF》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below