Reuters logo
アンジェスMG---米スタンフォード大学と協業で、HGF遺伝子治療や DNAワクチンで幅広く協力
December 12, 2016 / 11:31 PM / a year ago

アンジェスMG---米スタンフォード大学と協業で、HGF遺伝子治療や DNAワクチンで幅広く協力


*08:23JST アンジェスMG---米スタンフォード大学と協業で、HGF遺伝子治療や DNAワクチンで幅広く協力
アンジェスMG4563は9日、スタンフォード大学医学部内組織であるSLDDDRSと、HGF遺伝子治療薬の新開発戦略の構築をはじめ、同社の新たな事業の柱であるDNAワクチンなど、将来の事業分野を対象に幅広く協力を進めると同時に、同社事業の国際化を進めることを目的とした協業の覚書を締結した。

同社によると、SLDDDRSは、革新的な医薬品・医療機器の開発戦略の構築、臨床試験に関する新たな手法の開発と推進、スタンフォード大他組織との連携などを手がける組織。

同社とSLDDDRSは既に、重症虚血肢(CLI)を対象としたHGF遺伝子治療薬の新しい開発戦略の構築に共同で取り組んでいる。同社は、DNAワクチンを遺伝子治療薬、核酸医薬に次ぐ新たな事業として育てる方針で、SLDDDRSとは、新薬ターゲットの探索やシーズの発掘を協力して進める予定。



《TN》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below