Reuters logo
ワコム Research Memo(6):計画内容と業績計画について見直し作業に入っている
2016年12月13日 / 07:17 / 1年後

ワコム Research Memo(6):計画内容と業績計画について見直し作業に入っている


*16:10JST ワコム Research Memo(6):計画内容と業績計画について見直し作業に入っている
■戦略経営計画『SBP-2019』の進捗状況

ワコム6727は2015年4月に戦略経営計画「SBP-2019」を策定し、現在それに取り組んでいる最中だ。同計画は2016年3月期から2019年3月期の4年間を対象とし、最終年度の2019年3月期において、売上高1,200億円、営業利益144億円、ROE20%を目指している。

しかしながら、2017年3月期において、為替レートの前提を含めて業績見通しの大幅見直しを行ったことを受けて、現在、同計画の内容と業績計画についても、見直し作業に入っているもようだ。

修正計画は2017年3月期の本決算発表に合わせて2017年5月ごろに明らかにされると弊社ではみているが、修正の方向性としては、基本的な戦略・方向性は変えずに、To doリストの内容を絞り込んで、より実現性の高い内容へと修正を図っていくとみられる。

「SBP-2019」の中で弊社が注目していた取り組みに、組織体制の改革がある。従来の地域別責任体制から、グローバルのビジネスユニット(BU)体制へと変更し、意思決定の迅速化や無駄な経費の削減を目指すというのがその内容だ。1年半経過したところで振り返ると、一部において、組織体制の変革・移行がスムーズに進まず、地域別責任体制とグローバルBU体制とが混在し、結果的に費用削減どころか費用が増加するようなケースも見られたもようだ。同社の代表取締役社長山田正彦(やまだまさひこ)氏は、決算説明会の席上、自らが直接的に関与して組織体制の変革・移行を徹底し、経費削減を進めることを強調した。足元の減収という状況では、販管費削減の必要性は一段と高まっており、どのような成果が出てくるか見守りたいと考えている。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 浅川 裕之)


《YF》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below