Reuters logo
ネクシィーズG Research Memo(1):エネルギー環境関連事業が好調、子会社ブランジスタ<6176>も成長持続
2017年1月22日 / 22:57 / 1年前

ネクシィーズG Research Memo(1):エネルギー環境関連事業が好調、子会社ブランジスタ<6176>も成長持続


*07:50JST ネクシィーズG Research Memo(1):エネルギー環境関連事業が好調、子会社ブランジスタ6176も成長持続
ネクシィーズグループ4346は、企画力と営業力を武器に、携帯電話や衛星放送などのデジタル商材の販売で業容を拡大し、2002年には大証ナスダック・ジャパン市場に上場(現ジャスダック)、2004年には東証1部上場を果たす。現在の主力事業は、2013年9月期に開始したLED照明を始めとするエネルギー環境関連事業と子会社のブランジスタ6176が行う電子メディア事業である。2016年6月に提供を開始したスマホクレーンゲーム「神の手」は、株主でもある秋元康(あきもとやすし)氏が総合プロデューサーとして、様々なコラボ企画が注目を集める。

主力はLED照明をメインとする省エネ商材のレンタルサービスである。「日本の電気代を下げる」をスローガンにスタートしたこの事業は、4年間で同社のメイン事業に成長し、売上高は約80億円(2016年9月期)に達する。初期費用をゼロとする独自のレンタル方式が飲食店・宿泊施設などのニーズに合致し、業界No.1の地位を確立した。2016年9月期には対象商材が増え、「ネクシィーズ・ゼロシリーズ」として、節水機器・業務用冷蔵庫・業務用空調なども好調に推移しており、LED照明以外の売上高は約15%を占めるまでになっている。

2016年9月期通期(連結)の売上高は前期比32.1%増の14,062百万円、営業利益は同69.4%増の1,716百万と大幅な増収増益となり5期連続営業増益を達成した。躍進を続けるエネルギー環境関連事業が、契約件数の約40%にもおよぶ紹介案件の増加や商材の多様化により順調に拡大し、増収増益に貢献した。電子メディア事業(主に電子雑誌)も増収増益、文化教育事業(きもの着付け教室)も利益を確保し、すべての事業が順調だった。

2017年9月通期の業績予想は、売上高で前期比17.3%増の16,500百万円、営業利益で同16.5%増の2,000百万円と4年連続の増収と6年連続の増益を予想する。主力2事業がどちらも伸び盛りであることからすると、やや保守的な計画の印象があり、昨年度同様に期中の上方修正も想定される。2017年9月期の特殊要因としては、(株)ブランジスタゲームで500百万円以上の広告宣伝投資を計画しているため、利益成長を低めに予想している。それでもなお、LED照明が好調であるため、500百万円以上の先行投資を行っても、創業来の過去最高益の予想となっている。

2016年6月にリリースされたスマホクレーンゲーム「神の手」は、秋元康氏がプロデュースするプレミアム景品や様々なコラボ景品により、対象ユーザーである“オタク”層から支持を獲得している。プレミアム景品の例として、AKB48やEXILEなどのオリジナル景品、また世界最大のアイドルイベント「東京アイドルフェスティバル」の参加アイドルとのコラボ景品など、即日完売企画が続出している。また、11月からフジテレビの深夜バラエティ番組との連携企画も開始され、認知度が向上している。2017年9月期には、「神の手」の広告宣伝に対して5億円ほどを投入する計画となっており、さらに勢いが加速しそうだ。

■Check Point
・省エネ商材レンタルサービスが快進撃
・16/9期は5期連続営業増益、大幅増収を達成
・17/9期はスマホクレーンゲームゲーム「神の手」のプロモーション強化へ
・自社株買い、増配で株主還元を強化
・17/9期 売上高16,500百万円、営業利益2,000百万円 過去最高益予想

(執筆:フィスコ客員アナリスト 角田 秀夫)


《TN》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below