Reuters logo
電算システム Research Memo(5):クラウドサービスは好調も赤字案件やBPOでの費用増加等で計画に対して未達
2017年2月28日 / 07:44 / 10ヶ月前

電算システム Research Memo(5):クラウドサービスは好調も赤字案件やBPOでの費用増加等で計画に対して未達


*16:33JST 電算システム Research Memo(5):クラウドサービスは好調も赤字案件やBPOでの費用増加等で計画に対して未達
■業績動向

2.事業セグメント別動向:情報サービスセグメント

情報サービスセグメントのうち、SI・ソフト開発は、G Suite(旧Google Apps for Work)などのクラウド関連サービスやオートオークション業務システム、ERPパッケージ等の案件が順調に推移したものの、地方公共団体向け大型機器販売の反動減の影響で、前期比では微減収となった。計画対比では8.0%(782百万円)の未達となったが、保守案件のなかの赤字案件への対応で想定以上に人手がかかり、機会損失を招いたことや、一部の案件の収益計上が2017年12月期にずれ込んだ影響などが重なったことが、その主な要因だ。デジタルサイネージも引き合いはあるものの契約までに時間がかかり、期間収益への貢献は実質的にゼロと、想定を大きく下回った。

電算システム3630が注力するクラウドサービスの売上高は、前期比32.2%増収の2,190百万円に達し、SI・ソフト開発サブセグメントの売上高に占める割合は、前期の18.3%から2016年12月期は24.2%にまで上昇した。

情報処理サービスは前期比では10.6%の大幅増となったが、これは2015年12月期第4四半期にスタートしたBPO業務の大型案件が、2016年12月期にはフル寄与したことが主たる要因だ。ただ計画対比では、BPO業務で価格引き下げ圧力が強まったことなどもあり、9.5%(525百万円)の未達となった。

営業利益が計画対比で26.2%(183百万円)の大幅未達となった理由は、前出の大型BPO案件に関し、立ち上げ費用(具体的にはコールセンターの体制整備費用など)が予想以上にかさんだことが原因だ。一方で、クラウドサービスなどのストック型収入が順調に拡大しているほか、ソフト開発の需要も強く、全般的な事業環境としては決して悪くはない状況だった。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 浅川 裕之)


《HN》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below