Reuters logo
電算システム Research Memo(8):初の本格海外展開となるフィリピンの収納代行サービスは順調に準備が進む
2017年2月28日 / 07:49 / 9ヶ月後

電算システム Research Memo(8):初の本格海外展開となるフィリピンの収納代行サービスは順調に準備が進む


*16:40JST 電算システム Research Memo(8):初の本格海外展開となるフィリピンの収納代行サービスは順調に準備が進む
■中長期経営計画と成長戦略

2. 成長戦略:決済ビジネス分野
決済ビジネス分野の成長戦略の中核は海外展開だ。この点で電算システム3630は、2016年3月にフィリピン最大の配電会社MERALCO社の100%子会社CBCI社との間で、収納代行サービスの事業展開について業務提携の契約を行った。これは日本国内の“収納窓口サービス”に相当するもので、MERALCO社グループで料金回収を担当するCBCI社の業務効率改善を図るのが狙いだ。

足元の進捗は、通信、管理を担う中核システム「Biz@gent」システムの開発を完了し、稼働に向けたテスト、準備を行っている状況だ。順調にいけば2017年春から本格稼働する見通しだ。

決済ビジネス分野では他に、電子バーコードや“新しい収納方法”、Fintechなどについての研究・開発が進められている。これらのうち、電子バーコードと“新しい収納方法”については開発の最終段階にあり、2017年12月期中に事業化される可能性がある模様だ。詳細は明らかにされていないが、今後の発表を待ちたい。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 浅川 裕之)


《HN》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below