Reuters logo
サウジアラビア国王来日~砂漠の国から熱い視線、SMBC日興証券(花田浩菜)
2017年3月7日 / 03:19 / 9ヶ月後

サウジアラビア国王来日~砂漠の国から熱い視線、SMBC日興証券(花田浩菜)


*12:10JST サウジアラビア国王来日~砂漠の国から熱い視線、SMBC日興証券(花田浩菜)
こんにちは、フィスコリサーチレポーター花田浩菜の「SMBC日興証券の気になるレポート」です。

3月12日にサウジアラビアのサルマン国王が来日しますね。それを受けて、3/7付けの「Daily Outlook」に、関連記事が掲載されていましたので、ご紹介します。

まず今回のサルマン国王来日に関して、同レポートでは、『ビジョン2030の実行を目指し、日本に対して一層の協力依頼と更なる関係強化が目的と言えるだろう。これまでサウジアラビアは石油で得た富を分配し、所得税や住民税を免除、公共料金を低く抑えるなど国民に手厚い政策をとってきた。しかし、長期にわたる原油安などで財政が悪化、経済も停滞している。経済改革はサウジアラビアにとって急務の課題だ』と伝えています。

加えて、『サウジアラビアでは、既に日本を代表する企業が事業展開している。これまで培った関係を深化させ、中東ビジネスのノウハウを蓄積し、中期的な業績を拡大させていくことが期待される。また、昨年10月に世耕経済産業大臣が「日・サウジ・ビジョン2030共同グループ」会議のため同国を訪問した際には日本企業約30社も同行した。国王の訪日を機に、多くの企業に事業機会が広がる可能性が出てこよう。2018年には時価総額が世界トップになると見込まれる国営石油会社サウジアラムコの株式公開も予定されている。サウジアラビアへの注目度は更に高まりそうだ』との見解を述べています。

これを受けて、同レポートでは、日揮1963や三菱電機6503、ソフトバンクG9984などのサウジアラビア関連銘柄とポイントを全7社紹介していますので、詳しくは3/7付の「Daily Outlook」をご覧になってみてください。

また、面白いレポートを発見したらご紹介しますね。

花田浩菜の「気になるレポート」は各種レポートを花田浩菜の見解で注目し、コメントしています。レポート発行人との見解とは異なる場合があります。詳細は発行人のレポートを御確認くださいませ。

フィスコリサーチレポーター花田浩菜








《SK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below