Reuters logo
C&R---渋谷のVR施設に最新VRコンテンツとヘッドマウントディスプレイを提供
2017年6月23日 / 03:59 / 5ヶ月前

C&R---渋谷のVR施設に最新VRコンテンツとヘッドマウントディスプレイを提供


*12:53JST C&R---渋谷のVR施設に最新VRコンテンツとヘッドマウントディスプレイを提供
クリーク・アンド・リバー社4763は23日、24日に渋谷でオープンするVRアトラクション施設「シブヤVRランド・バイ・ハウステンボス」に最新VRコンテンツ2作品とケーブルレスのヘッドマウントディスプレイ「IDEALENS K2+(アイデアレンズ ケーツープラス) 」を提供すると発表した。同施設はハウステンボス(所在地:長崎県佐世保市)が運営している。

今回提供するコンテンツは、恋愛シミュレーションVR「迫りくる愛のささやき」とホラー体験VR「VR心霊百物語」の2種類。両コンテンツは3月よりハウステンボス内のVRアトラクションで提供し、人気を博していたことから「シブヤVRランド・バイ・ハウステンボス」での使用コンテンツとして選ばれた。

同社はVR/AR事業において、コンテンツの制作やプラットフォーム開発、ハードやソリューションの提供を一気通貫で対応するなど、VR/ARを通じて産業の発展に貢献していきたいとしている。

《MW》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below