Reuters logo
Pウォーター Research Memo(1):宅配水トップ3の一角、5年後売上高550億円を目指す新中期経営計画を発表
2017年6月23日 / 06:04 / 5ヶ月後

Pウォーター Research Memo(1):宅配水トップ3の一角、5年後売上高550億円を目指す新中期経営計画を発表


*15:00JST Pウォーター Research Memo(1):宅配水トップ3の一角、5年後売上高550億円を目指す新中期経営計画を発表
■要約

プレミアムウォーターホールディングス2588は、天然水製造が強みの(株)ウォーターダイレクトと営業力が強みの(株)エフエルシーが経営統合して生まれた、業界トップ3の一角の企業グループである。率いるのは、エフエルシーを起業しプロモーション営業力で国内トップクラスに引き上げた実績を持つ萩尾陽平(はぎおようへい)代表取締役社長。経営統合時にブランドを「プレミアムウォーター」に統一し再スタートを切った。強力な営業組織と販売ノウハウが強みであり、顧客保有数493千人(2017年5月時点)を増やし続けている。

1. ビジネスの特長
同社は、非加熱天然水製造が強みの旧ウォーターダイレクトと営業力が強みの旧エフエルシーが経営統合した経緯があり、製販ともに充実した天然水宅配のトップ企業である。採水、製造、販売、製品特徴の各プロセスにおいて独自の強みを持つ。事業は「投資回収型ストックビジネスモデル」であり、ウォーターサーバーの原価やデモンストレーション販売の費用(1顧客当たり数万円)を会社側が最初に負担し、天然水の売上げで徐々に回収していく。新規顧客を一気に増やす時期は赤字になるが、その後回収が進んでくると大きく黒字に転換するという事業特性である。

2. 業績動向
2017年3月期通期の連結業績は、売上高で前期比52.8%増の19,947百万円、営業損失で同604百万円減の569百万円、経常損失704百万円、親会社株主に帰属する当期純損失1,217百万円となった。増収に関しては、2016年7月の経営統合から9か月分の業績が計上され、さらに統合後に保有契約件数の増加ペースが上がっていることが要因だ。損失に関しては、顧客基盤の強化に向けた営業活動の拡大等により販売促進費等が大幅に増加したことが主な要因である。統合後の営業体制が整い、新規顧客獲得に手応えを得たために、より大きな成長のための先行投資を行っていると評価したい。

3. 業績見通し
2018年3月期通期の連結業績は、売上高で前期比30.3%増の26,000百万円、営業損失は同280百万円拡大で850百万円の損失、経常損失で同395百万円拡大の1,100百万円の損失、親会社株主に帰属する当期純損失は同107百万円縮小で1,110百万円の損失の見込みである。売上高の大幅増加が続くが、統合後の新規顧客獲得ペース(月間約1.8万件)や解約率などから緻密に計算されたものであり確実性が高い。一方利益面に関しては、今期も先行投資期間と位置付けているために、新規顧客獲得のための投資(販管費)を戦略的に行い、2017年3月期と同レベルの損失をあえて計上する予想だ。

4. 成長戦略
同社は、2017年5月19日に中期経営計画を発表した。最終年度(2022年3月期)に、売上高55,000百万円(2017年3月期比で2.8倍)、営業利益4,000百万円(同4,569百万円増)、EBITDA9,500百万円(同5.3倍)、新規契約件数35万件(同1.7倍)、期末保有契約件数141万件(同3.0倍)という積極的な成長計画である。前年発表の5ヶ年計画から、売上高に関しては上方修正され、営業利益に関しては、黒字化する時期を1年先送りした。より大きく先行投資をして、より大きく刈り取る方向性が見て取れる。新規契約件数の計画値は、年率10.8%の成長と現実的であり、同社の強みである営業組織のポテンシャルから考えると想定可能な数字と言えるだろう。

■Key Points
・宅配水トップ3社の一角。強みは「非加熱天然水の製造」×「顧客獲得力」
・2017年3月期は前期比50%を超える大幅増収、新規顧客獲得に手応えあり販促に先行投資
・新中期経営計画を発表、5年後に売上高550億円、営業利益40億円を目指す

(執筆:フィスコ客員アナリスト 寺島 昇)


《TN》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below