Reuters logo
シュッピン Research Memo(9):越境ECを開始へ。長期的には重要な意味を持ってくる可能性
2017年6月26日 / 07:36 / 5ヶ月後

シュッピン Research Memo(9):越境ECを開始へ。長期的には重要な意味を持ってくる可能性


*17:00JST シュッピン Research Memo(9):越境ECを開始へ。長期的には重要な意味を持ってくる可能性
 

■成長戦略

4. 注目の取り組み:越境EC
シュッピン3179は2018年3月期中に取り組む新たな施策として越境ECの開始を表明した。「価値ある商品」は世界のどこでもニーズがあるという信念と、EMS(国際郵便サービス)の質向上などから越境ECがカメラや時計など高額品でも十分実現可能だと判断したもようだ。当面は北米地域を対象に、2018年3月期第2四半期末からのスタートを計画している。具体的にはAmazonやeBayなどのモールに出店し、販売していく方針だ。これは自社サイトよりもECモールを活用した方が集客上有利との判断による。

同社は越境ECに乗り出す理由として、価値ある中古品の相場の維持や販売促進を挙げている。具体的には、100万を超えるライカの中古レンズを国内顧客だけを相手に販売するよりも、世界を対象にすれば富裕層のライカファンはたくさんおり、値下げやセールをすることなく販売できるというようなことだ。

弊社では、越境ECは相場維持目的の以外にも、超長期的には意味合いが極めて重要になってくると考えている。詳細は後述するが、同社の成長の根源は国内の“カメラ・レンズ蓄積量”の存在にあるというのが弊社の考えだ。この蓄積量が物理的に減少することはあまり考えにくいが、固定化・固着化することは考えられる。愛好家が減少してカメラ・レンズ資産が死蔵化されてしまう状況だ。そうなれば同社の事業モデルはワークしなくなる恐れがある。その時に、海外市場(カメラ愛好家)へのアクセスを確立しておけば国内のカメラ・レンズ資産を流動化させ、自社の成長につなげることができる。また、国内で同社が行っている事業モデルは国外で実践する(すなわち、“事業モデルの輸出”)ことが可能だとも考えている。弊社ではそうした観点から同社の越境ECには大いに注目しており、今後の展開を見守りたいと考えている。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 浅川 裕之)


《TN》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below