Reuters logo
アクアライン Research Memo(2):「水道屋本舗」の屋号で水まわり修理を全国展開
June 26, 2017 / 8:21 AM / 6 months ago

アクアライン Research Memo(2):「水道屋本舗」の屋号で水まわり修理を全国展開


*17:17JST アクアライン Research Memo(2):「水道屋本舗」の屋号で水まわり修理を全国展開
■会社概要

1. 会社概要
アクアライン6173は、1994年に広島で創業された水まわり緊急修理サービスの専門会社である。設立以降の13年間は、エリア別の子会社を競わせる方式で全国展開を行い、2008年にスケールメリットを生かすために子会社を吸収合併し、本社機能を東京に移した。その後、同社の事業テーマである「水」に関連したミネラルウォーターの販売 ・ウォーターディスペンサー取扱事業を開始している。2015年8月に業界初の上場(東証マザーズ)を果たした。水まわり緊急修理業界は建物の老朽化などを背景とした成長市場であり、同社は全国展開大手3社の一角を占める。

2. 事業内容
主力の事業は「水まわり緊急修理サービス事業」であり、全社売上の約91%を構成する。「水道屋本舗」の屋号で展開されており、パンダのキャラクターが親しみやすい。「その他事業」は、ミネラルウォーターの販売・ウォーターディスペンサー取扱い(売上構成約9%)を行っており、事業テーマである「水」に関連して多角化したものだ。利益に関してはセグメント別の開示はないが、 両事業とも利益を計上しており、薄利多売の傾向のあるその他事業と比較して、水まわり緊急修理サービス事業の利益率が高いことが推定される。

水まわり緊急修理サービス事業の業務内容は、
1) 水まわりの緊急トラブル修理・対応
2) 水まわりの製品・関連商品の買い替え
3) 水まわりのリフォーム・修繕工事
の3つのタイプがある。水まわりの緊急トラブル修理・対応を基本としながら、そこでの顧客接点を生かして、設備商品の買い替えやリフォームのニーズを引き出し解決するのが同社の勝ちパターンだ。いずれの事業も、コールセンター、サービススタッフが連携して全国くまなくサービスする事業であり、「人」ビジネスでもある。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 角田 秀夫)

《MW》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below