Reuters logo
キャンバス---富士フイルムとの免疫系抗癌剤の共同研究契約を締結
2017年6月27日 / 01:42 / 5ヶ月前

キャンバス---富士フイルムとの免疫系抗癌剤の共同研究契約を締結


*10:36JST キャンバス---富士フイルムとの免疫系抗癌剤の共同研究契約を締結
キャンバス4575は、富士フイルム4901と、ペプチドを用いた中分子医薬品などの分野で、がん免疫治療薬の創出を目指す共同研究契約を締結した。

今回の共同研究では、写真フィルムの研究開発で培った高度な化合物の合成力や設計技術力、加えて抗がん剤の研究開発の知見やノウハウを持つ富士フイルムがペプチド及び低分子化合物の合成・設計を行い、ペプチドを用いた抗がん剤候補品の創薬研究経験を有するキャンバスが薬効評価を実施する。

抗がん剤投与、外科手術、放射線照射、これらに次ぐ第4の治療法として注目されるがん免疫療法は、副作用が少なく、生体の持つ免疫機能を利用してがん細胞を死滅させる治療法として期待される。同社は、今回の取り組みにより免疫系抗癌剤研究開発を重層化させ、がん患者の治療法に新たな選択肢を提供することを目的としている。

《MW》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below