Reuters logo
アライドアーキテクツ---海外子会社が広告クリエイティブの効果をAIで自動予測する新機能を発表
2017年6月27日 / 06:32 / 5ヶ月後

アライドアーキテクツ---海外子会社が広告クリエイティブの効果をAIで自動予測する新機能を発表


*15:25JST アライドアーキテクツ---海外子会社が広告クリエイティブの効果をAIで自動予測する新機能を発表
アライドアーキテクツ6081は27日、海外子会社であるReFUEL4 Pte. Ltd.(リフュールフォー)が提供している広告クリエイティブ最適化プラットフォーム「ReFUEL4」において、クリエイティブごとの広告効果の自動予測を可能にする「Creative Optimal Rate(CORシステム)」を新たに搭載することを発表した。

「CORシステム」を活用する事で、これまで広告出稿開始から一定時間が経過するまでその効果を把握できなかった広告クリエイティブの価値を出稿前に自動予測し、「ReFUEL4」上で一元管理することが可能になるという。広告企業におけるデジタルマーケティングの効率の良い施策実行、コスト削減に繋がることが見込まれる。

リフュールフォー社はこれまで、広告出稿企業とクリエイターをマッチングし、オンライン上で広告クリエイティブの発注・納品を可能にする成果報酬型のプラットフォームとして展開していたが、独自のAIを搭載することで、「広告クリエイティブの最適化」に取り組んできた。今回、さらに、「CORシステム」を搭載し、すべてのオンライン広告を自動で最適化する「クリエイティブテクノロジー・プラットフォーム」へとサービスを刷新することで、クライアント企業の収益成長に貢献したいとしている。

《MW》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below