Reuters logo
【FISCOソーシャルレポーター】個人投資家元・社長:自動運転関連銘柄として存在感を増してきている日清紡HDに注目
2017年6月29日 / 02:00 / 5ヶ月後

【FISCOソーシャルレポーター】個人投資家元・社長:自動運転関連銘柄として存在感を増してきている日清紡HDに注目


*10:54JST 【FISCOソーシャルレポーター】個人投資家元・社長:自動運転関連銘柄として存在感を増してきている日清紡HDに注目
以下は、フィスコソーシャルレポーターの個人投資家元・社長氏(ブログ「元投資顧問会社社長のチラシの裏」)が執筆したコメントです。フィスコでは、情報を積極的に発信する個人の方と連携し、より多様な情報を投資家の皆様に向けて発信することに努めております。

----

※2017年6月27日16時に執筆


昨年末に上場を予定していた自動運転関連銘柄の本命・ZMP。2016年11月に顧客情報の流出が発覚し、上場申請を取り下げた経緯があります。

そのZMPが、2017年6月26日に第三者割当増資を実施し、総額15億円を調達しました。

引受先は、以下の通り。
・株式会社電通国際情報サービス4812
・日清紡ホールディングス株式会社3105
・ライドオン・エースタート1号投資事業有限責任組合(株式会社ライドオン・エクスプレス6082のコーポレートベンチャーキャピタルファンド)
・凸版印刷株式会社7911
・Nikon-SBI Innovation Fund(株式会社ニコンとSBIインベストメント株式会社が共同で設立したプライベートファンド)
・住友商事株式会社8053

ZMPとの協力体制で面白そうなのは、以前にも深掘り解説したライドオン・エクスプレス6082。ライドオン・エクスプレス6082が手がける宅配代行事業『ファインダイン』の自動運転化を狙っているものと思われますが、日清紡HD3105と、その子会社の日本無線6751も気になりますね。


■日清紡HD3105の基本情報
市場:東証一部

紡績セクターの名門企業、日清紡HD3105。鉱物繊維を利用したブレーキの摩耗材、精密機器、化学品など、多角的な経営を行っています。

ブレーキの摩耗材に関してはM&Aを駆使し世界でトップシェアを誇り、上場子会社である日本無線6751と新日本無線6911のエレキ事業と共に収益の2本柱となっています。

ブレーキ材の受注が着実に増加しており、米国法制化を受けて銅フリー対応の投資を拡大。北米で生産増強の計画を煮詰めている状態です。

子会社の新日本無線6911はAV機器の音響に関する部品を数多く手がけ、今後スマートスピーカーの普及に伴い大きな商機が訪れる可能性があります。

また、同じく子会社の日本無線6751は、日立造船7004、デンソー6902、日本政策投資銀行、日立オートモティブシステムズと『センチメートル単位の精度を誇る精密衛生観測サービスの事業化に向けた実証実験を行う、グローバル測位サービスを共同設立』すると発表。加えて、同社が培ってきた情報通信技術やセンシング技術を自動車のみならず産業機械、建設機械、農業機械に応用するためにZMPとの強力関係を強化するようです。


■日清紡HD3105チャート分析

日清紡HD3105の日足チャート(1年)を見てみると、

・2016年7月6日の安値888円
・2017年5月31日の安値1,044円

を結んだラインが下値支持線として存在するように見えます。

しかしながら、ここ数ヶ月は下値目処が1,040円前後となっており、この水準を当面の下値目処として考えることが出来ます。

上値は1,200円近辺が当面の上値目処として考えることが出来ますので、日清紡HD3105は1,040円〜1,200円のボックス圏で推移していると見て、おおよそ間違いはないと思います。

10年〜20年の月足で見ると、株価はだいぶ煮詰まってきているようにも思えますので、1,200円を超えてくると、1,500円を超えてくる様な展開も充分に視野に入ってくるでしょう。

「投資顧問会社社長 ブログ」で検索してもらえれば、当ブログ「元投資顧問会社社長のチラシの裏」が出てくると思いますので、何卒宜しくお願い致します。

----

執筆者名:元・社長
ブログ名:元投資顧問会社社長のチラシの裏



《SK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below