Reuters logo
日本ライフL Research Memo(2):増本会長と鈴木社長の二人三脚で同社の強みを形作った
2017年6月29日 / 06:45 / 5ヶ月前

日本ライフL Research Memo(2):増本会長と鈴木社長の二人三脚で同社の強みを形作った


*15:42JST 日本ライフL Research Memo(2):増本会長と鈴木社長の二人三脚で同社の強みを形作った
■会社概要

1. 沿革
日本ライフライン7575の始まりは、現会長の増本武司(ますもとたけし)氏※が1973年に心臓ペースメーカーの販売事業を開始したことにある。その後、医療機器市場の拡大を確信した増本会長が、現社長の鈴木啓介(すずきけいすけ)氏とともに同社を創業した。同社設立は1981年で、80~90年代に輸入商社としてのポジションを確立、取扱商品を広げるとともに国内の営業網を整備するなど業容を拡大した。2000年代に入ってからは、自社製品を積極的に開発するようになり、2010年代にはオンリーワン製品の伸長によりメーカーとしてのポジションも確立した。現在では、循環器領域を専門として仕入商品と自社製品を併せ持つ、独自のビジネスモデルを確立している。

※増本武司氏は2017年6月28日付で取締役会長を退任し、同日付で名誉会長に就任の予定である。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 宮田仁光)


《NB》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below