Reuters logo
日本ライフL Research Memo(9):ROA、ROEともに急改善、キャッシュも急増
2017年6月29日 / 06:50 / 5ヶ月前

日本ライフL Research Memo(9):ROA、ROEともに急改善、キャッシュも急増


*15:49JST 日本ライフL Research Memo(9):ROA、ROEともに急改善、キャッシュも急増
■業績動向

3. 財務状況
自己資本当期利益率(ROE)が伸びている。2013年3月期からは当期利益率、総資産回転率、レバレッジがともにROEを押し上げた格好だが、特に当期赤字になった2014年3月期からは、総資産回転率の着実な改善も好印象ではあるものの、当期利益率の改善に目を見張る。自社製品など好採算のオンリーワン製商品が伸びていることが主因と考えられる。同様に総資産営業利益率(ROA)の伸びも高い。

資産面では、在庫資産の増加が抑制される一方設備資産が着実に増加、利益の伸びが営業キャッシュフローを通じて金融資産に積みあがっていることが分かる。フロー面からフリーキャッシュフローが積み上がっていることになり、投資余力や配当余力が急拡大していることを示している。中期業績への日本ライフライン7575の自信次第だが、積み上がったキャッシュをどう生かすかは今後の大きな課題といえよう。

なお、2017年3月期に大幅増収となった割に棚卸資産の伸びが低いのは、初期在庫がかさむ新商品の上市が前期と比べて少なかかったためと見る。業界内には在庫を医療機関に置いて、使用された時点で売上高に計上する預託販売という商習慣があり、緊急手術に用いる医療機器で、サイズバリエーションが多い商品が上市された場合等には一時的に棚卸資産が膨らむことがある。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 宮田仁光)


《NB》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below