Reuters logo
日本ライフL Research Memo(12):足もとの大幅増益を反映し、中期経営計画目標も上方修正
2017年6月29日 / 06:55 / 5ヶ月後

日本ライフL Research Memo(12):足もとの大幅増益を反映し、中期経営計画目標も上方修正


*15:52JST 日本ライフL Research Memo(12):足もとの大幅増益を反映し、中期経営計画目標も上方修正
■中期計画

● ローリング方式の中期計画
日本ライフライン7575は5年間の中期計画を毎年ローリングし更新している。2016年5月に発表した計画では2021年3月期売上高578億円、営業利益率18%が中期目標として示されたが、2017年5月の更新では、2022年3月期売上高662億円、営業利益率25%へと上方修正している。

中期的な前提としては、国内高齢化や医療機器の進歩により心疾患向け医療機器の市場が拡大を続けること、日本国内に同社と同じ規模の販売体制や薬事体制を持つ企業がないことを背景に海外製品の調達力が強く商品パイプラインが豊富であること、さらに自社製品については、研究開発拠点の拡充や海外工場の建設を検討するなど、今後も自社製品への注力を強め、さらなる成長に向けた準備を進めていることなどを考慮すると、成長は依然として続きそうである。

一方、リスクもある。医療機器として製品の不具合によるリコールが発生する可能性があること、新商品に関する薬事承認が想定以上に期間を要した場合、上市時期が遅延し他社製品に対する優位性が低下するおそれがあること、特定保険医療材料の償還価格改定による販売価格の下落、仕入先メーカーに対する他社M&Aによる販売権の喪失——である。しかし、経営はこれらの発生可能性を常に念頭に置いており、当然ながら一定の対策は立てていると考えられる。販売権の喪失に関しては過去に発生したことのあるリスクであるが、今後もポートフォリオの拡大を進めることによりこれらのリスクを低減していく方針である。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 宮田仁光)


《NB》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below