Reuters logo
スターティア Research Memo(7):顧客層の変化に対応してパッケージ販売からクラウドサービスへの転換の過渡期
2017年6月29日 / 06:55 / 5ヶ月後

スターティア Research Memo(7):顧客層の変化に対応してパッケージ販売からクラウドサービスへの転換の過渡期


*15:50JST スターティア Research Memo(7):顧客層の変化に対応してパッケージ販売からクラウドサービスへの転換の過渡期
■業績の動向

2. デジタルマーケティング関連事業
デジタルマーケティング関連事業の業績は、売上高1,810百万円(前期比1.8%減)、営業損失2百万円(前期は12百万円の利益)で着地した。2016年3月期と2017年3月期の比較では同セグメントの置かれた状況は分かりづらい。2014年3月期、2015年3月期の時点では同セグメント(当時はウェブソリューション事業と呼称)の業容は売上高が2.000百万円前後で、営業利益は300百万円を超えていた。その後2016年3月期に売上高が約10%減少し、利益も大きく落ち込んだ。

この要因としてスターティア3393は顧客層の変化を上げている。当時の同社の主力商材であった電子ブックソフトActiBook(アクティブック)やARソフトのCOCOAR(ココアル)などの新規性の高いソフトウェアに対して旺盛な導入意欲を持つアーリーアダプター層の需要が一巡し、次に導入に踏み切る層のアーリーマジョリティ層の立ち上がりが遅れている端境期に入ってしまっているということだ。

2017年3月期は遅れているアーリーマジョリティ層の掘り起こし・活性化を通じて販売回復を目指して臨んだ。拡販策の1つとしてクリエイティブ企業とのパートナープランの導入などを行ったが、パッケージソフトの販売低迷により、パートナープランの活動も限定的にとどまったもようだ。導入が進まない直接の要因としてはアーリーマジョリティ層が求める価格帯と同社の販売価格との差が大きいことがあるもようだ。

四半期ベースの業績推移を見ると、2017年3月期は前期に比べて売上高・利益ともに一段落ちた形だ。売上高は期の第1四半期から第4四半期にかけて期を追って上昇したが、第1四半期の落ち込みが大きく、最後まで尾を引いた。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 浅川 裕之)

《MW》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below