Reuters logo
エイジア Research Memo(7):2018年3月期もクラウドサービスを中心に増収増益見通し
2017年6月29日 / 08:05 / 5ヶ月前

エイジア Research Memo(7):2018年3月期もクラウドサービスを中心に増収増益見通し


*17:02JST エイジア Research Memo(7):2018年3月期もクラウドサービスを中心に増収増益見通し
■今後の見通し

2. 2018年3月期の業績見通し
エイジア2352の2018年3月期の連結業績は、売上高が前期比8.6%増の1,445百万円、営業利益が同10.8%増の318百万円、経常利益が同10.0%増の321百万円、親会社株主に帰属する当期純利益が同17.6%増の208百万円と増収増益が続く見通し。売上高については2017年3月期に大型ライセンス販売の売上寄与があったため1ケタ台の伸びに鈍化するが、クラウドサービスの主力製品でバージョンアップを予定しているほか、パートナー戦略も含めた営業マーケティングの強化を進めることで、2ケタ増益が続く見通しだ。

事業セグメント別の売上見通しを見ると、主力のアプリケーション事業は前期比9.6%増の1,233百万円を見込む。内訳はクラウドサービスで同12%増の858百万円、ライセンス販売で同3%減の175百万円、ライセンス保守で同3%増の178百万円、その他で20百万円(前期は2百万円)となる。

主力のクラウドサービスについて、今期は5本の新製品投入を予定しており、うち4本は既存製品のバージョンアップとなる。具体的には、「WEBCAS e-mail」「WEBCAS AR」「WEBCAS taLk」(LINEビジネスコネクト連携メッセージ配信システム)「WEBCAS CRM」(顧客管理システム)のバージョンアップを実施する。特に主力の「WEBCAS e-mail」については分析機能を多角的に行えるようにしたほか、管理画面のUIも使いやすいように刷新しており、機能向上による新規顧客の獲得が期待される。また、「WEBCAS taLk」についてはLINEのAPI仕様が変更になったことに伴うもので、5月中にリリースしLINEパートナー製品群ではいち早く新APIに対応した。「WEBCAS CRM」については機能の拡充もさることながら、4月に経済産業省が推進する「サービス等生産性向上IT導入支援事業(IT導入補助金)」※の認定ITツールとして登録されたことで、新規需要の獲得が期待される。また、新製品としては更に大きな市場が見込めるマーケティング関連の製品をリリースする予定となっている。

※中小企業・小規模事業者を対象に生産性向上につながるITツール(経済産業省の認定ツール)を導入する際に導入費用の3分の2以内(最大100万円)の補助金を受けられる制度。


コンサルティング事業については前期比3.0%増の188百万円を見込んでいる。デザイン業務については前期比1百万円減の69百万円、コンサルティング業務は同7百万円増の110百万円となる見通し。「WEBCAS」シリーズの販売強化のため、コンサルティングサービスも含めた営業活動を強化していく方針となっている。また、オーダーメイド開発事業は受託開発案件の増加により、前期比5.8%増の24百万円を見込んでいる。

なお、今期はマレーシアでの事業も本格的に立ち上げる予定にしている。従来も「WEBCAS e-mail」の販売を現地子会社を通じて行っていたが、マレーシアではFaceBookが普及しており、電子メールを使った販促ニーズが少ないためほとんど実績がなかった。このため新しいビジネスモデルとして、デジタルサイネージを使った広告配信サービスを立ち上げようとしている。今期の計画にはほとんど織り込んでいないが、海外市場への展開は同社が目指していたところであるだけに、今後の取り組み状況が注目される。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 佐藤 譲)

《MW》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below