Reuters logo
Jリース Research Memo(6):2018年3月期も着実に増収増益、首都圏攻略を継続、新店(札幌、岡山)も開設
2017年6月30日 / 07:57 / 5ヶ月後

Jリース Research Memo(6):2018年3月期も着実に増収増益、首都圏攻略を継続、新店(札幌、岡山)も開設


*16:50JST Jリース Research Memo(6):2018年3月期も着実に増収増益、首都圏攻略を継続、新店(札幌、岡山)も開設
■今後の見通し

ジェイリース7187の2018年3月期通期の連結業績は、売上高で前期比23.0%増の5,069百万円、営業利益は同17.5%増で396百万円、経常利益で同15.5%増の360百万円、親会社株主に帰属する当期純利益は同12.4%増で247百万円と増収増益の見通しだ。

売上面では、引き続き首都圏エリアでの営業拡大が継続する見込みである。2017年5月に札幌支店を開設しており、7月に岡山支店を開設予定であり、全国の都市部のカバー体制を整備する。コスト面では代位弁済の増加を抑えるために、中長期債権の削減に注力する方針だ。事業環境としては、人口は減少トレンドにあるものの、少人数世帯を中心に世帯数の増加傾向であり、定住外国人の増加や民法改正(債権法、個人保証人の保証限度額の設定等を義務付け)の方向性など、家賃債務保証市場には追い風が吹く。売上げ・各利益ともに前期の伸び率をやや下回る目標設定であり、確実性の高い予想値と言えるだろう。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 角田 秀夫)

《MW》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below