Reuters logo
オープンドア Research Memo(4):圧倒的な価格競争力と高いブランド認知力が強み
2017年7月3日 / 06:07 / 5ヶ月後

オープンドア Research Memo(4):圧倒的な価格競争力と高いブランド認知力が強み


*15:04JST オープンドア Research Memo(4):圧倒的な価格競争力と高いブランド認知力が強み
■オープンドア3926の強みとリスク

1. 強み
「トラベルコ」の強みは国内トップクラスの商品競争力と、それを背景に構築された高いブランド力である。商品競争力が強い理由は、以下3点と考えられる。

(1) 商品数の多さ
350以上という他社サイトと比べても数多くの予約サイトから検索が可能であり、商品情報が多い。

(2) 商品ジャンルの広さ
他社ではホテルだけをカバーしているような会社もあるが、同社ではパッケージツアー、ホテル、格安航空券、ダイナミックパッケージなど、ほぼすべてをカバーしており商品ジャンルが広い。

(3) トラベルコ内での価格競争
提供元がトラベルコ内での価格競争に勝つために低価格を提示してくるケースがある。このため、他の比較サイト経由での購入や、提供元からの直接購入より、トラベルコ経由の方が安いケースがある。

これらの結果、圧倒的な価格競争力を実現しており、それを背景に構築された高いブランド認知力で、広告費をほとんどかけなくとも、口コミによりユーザーが増加する構造を確立できている。このため、広告比率は年々減少する傾向にあり※、売上高が増えれば利益率が高まる収益構造となっている。

※2018年3月期は新たなユーザー層を獲得し、来期以降の成長スピードを加速するためTVCMを含むマス広告を実施する計画である。


2. リスク
同社グループが事業展開するインターネット関連の市場では、技術革新のスピードや顧客ニーズの変化が速く、それに基づく新機能の導入が相次いで行われている。同社グループは、これらの変化に対応するため、プログラムやシステムの更新を進めるとともに、システム部門を中心に人材育成、システムの更新等必要な対策を講じているが、想定外の技術革新があった場合、多額のシステム関連投資が必要になる可能性がある。また、技術革新に適切な対応ができない場合、同社サービスの競争力が低下し、同社グループの事業及び業績に影響を及ぼす可能性がある。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 内山 崇行)


《NB》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below