Reuters logo
オンコリスバイオファーマ--OBP-1101(テロメスキャンF35)が米国にて特許登録
2017年7月5日 / 01:40 / 5ヶ月後

オンコリスバイオファーマ--OBP-1101(テロメスキャンF35)が米国にて特許登録


*10:36JST オンコリスバイオファーマ--OBP-1101(テロメスキャンF35)が米国にて特許登録
オンコリスバイオファーマ4588は4日、がんの体外検査薬として開発を進めているOBP-1101(テロメスキャンF35)に関する特許が、米国において特許登録を受けたことを確認したと発表。

同社はOBP-1101に関する複数の特許を保有しており、今回の登録により米国における特許保護期間は2032年2月まで延長される。今回登録された特許は、血液中に循環するがん細胞を検出するウイルスであるテロメスキャン(R)(OBP-401)の遺伝子配列の中に、正常血液細胞での遺伝子発現を抑制するマイクロRNA干渉遺伝子を組み込むことで、より特異的にがん細胞を蛍光発光させる制限増殖型アデノウイルスに関するものである。

テロメスキャン(R)(OBP-401)は、がん細胞の中で増殖し、がん細胞を破壊するよう遺伝子改変した5型のアデノウイルスの基本構造を持ったテロメライシン(R) (OBP-301)にクラゲの発光遺伝子を組み入れ、がん細胞や炎症性細胞などで発光を促す検査用ウイルスであり、テロメスキャンF35(OBP-1101)は、テロメスキャン(R)(OBP-401)の基本構造をもったウイルスの遺伝子配列に、正常な血球細胞でその増殖を抑制するマイクロRNA標的配列を組み込み、更に35型のアデノウイルスのウイルスファイバーを導入し、がん細胞検出の特異性を高めた体外検査薬である。

同社は、引き続き国内外の研究機関及び企業と研究開発を進め、これまでは検出が困難だった悪性度の高い血液中の微量な生きたがん細胞の検出を可能にすることで、がんの超早期発見や予後モニタリング、治療薬選択などの一助となることを目指していく。

《MW》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below