Reuters logo
アルファ Research Memo(6):自動車部品事業は欧州事業がフル寄与、セキュリティ機器事業は全般的に拡大
2017年7月5日 / 06:55 / 5ヶ月後

アルファ Research Memo(6):自動車部品事業は欧州事業がフル寄与、セキュリティ機器事業は全般的に拡大


*15:52JST アルファ Research Memo(6):自動車部品事業は欧州事業がフル寄与、セキュリティ機器事業は全般的に拡大
■今後の見通し

2. 事業の動向について
(1) 自動車部品事業
自動車部品事業の売上高予想が12.1%増の47,500百万円となっているが、これは2016年3月期ASSA ABLOY ABからの事業取得に伴う増加が第4四半期(売上高1,886百万円、営業利益18百万円)だけであったものが、今期はフルに寄与することが主因。このため、既存の自動車部品事業については控え目な見通しを立てている。現状、米国自動車販売については減速感があり、中国についても優遇税制の適用縮小から伸びが鈍化している。しかし、最大ユーザーである日産については堅調な自動車販売の伸びが続いており、今回事業取得で顧客に加わったフォルクスワーゲングループは販売台数でトヨタ自動車7203を上回るなど、勢いがある。このため、アルファ3434計画は全体として控え目な数字と判断できる。

(2)セキュリティ機器事業
セキュリティ機器事業については新商品の投入もあり引き続き電気錠の拡大が見込まれる。また新たに宅配での再配達削減に向けた取り組みが急務な課題として認識され始め、同社は経済産業省、国土交通省、環境省が実施する「COOL CHOICE ~みんなで宅配便再配達防止に取り組むプロジェクト~」に賛同、IC カード対応コインロッカーを宅配物の受取りサービスに対応する。子会社のアルファロッカーシステムが5月より宅配便受け取り対応の駅用コインロッカーを発売開始、1台250万円からで、初年度200ヶ所程度の設置を見込むが、今後、同分野でのビジネスが大きく拡大する可能性も出てきた。このため、セキュリティ機器事業についても更なる収益拡大が期待される。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 岡本 弘)


《HN》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below