Reuters logo
エネクス Research Memo(4):電力販売量が小売向けに大幅に増加。資産入れ替え等の将来への備えも進捗
2017年7月5日 / 07:30 / 4ヶ月後

エネクス Research Memo(4):電力販売量が小売向けに大幅に増加。資産入れ替え等の将来への備えも進捗


*16:23JST エネクス Research Memo(4):電力販売量が小売向けに大幅に増加。資産入れ替え等の将来への備えも進捗
■業績の動向

3. 電力・ユーティリティ部門
電力・ユーティリティ部門の2017年3月期業績は、売上高65,654百万円(前期比50.9%増)、売上収益63,542百万円(同48.6%増)、営業利益6,640百万円(同49.6%増)、当期純利益3,407百万円(同52.1%増)と大幅な増収増益で着地した。

電力事業において、電力販売量が前期比97.4%増の3,190GWhと大幅に伸長したことが収益拡大につながった。伊藤忠エネクス8133が中期経営計画『Moving 2016』で掲げた2017年3月期の予想電力販売量は2,200GWhだったが、実績はその約1.5倍となった。

電力販売が伸びた要因としては、2016年4月からの電力全面自由化後、低圧分野(小口需要家)と高圧分野(大口需要家)の双方に、着実に小売電力量を伸ばしたことが挙げられる。前述のように、小口需要家契約件数は予定を上回る32,000軒を確保した。ホームライフ部門においてLPガスと電気のセット販売に注力したほか、カーライフ部門の日産大阪販売(株)と共同で『車と電気のコラボレーション』事業を開始したことも貢献した。また大口需要家数も、同社を始めとするPPS各社の電力安定供給能力が浸透し、契約数を伸ばしたと推定される。

好調な事業環境のなかで、将来に向けての取り組みも進めた。事業資産の入れ替えを目的に、期中に風力発電施設の一部を売却した。この売却益が前期比大幅増益の大きな要因となった。また同社は、再生エネルギー発電O&M(Operation & Maintenance)会社を新たに設立した。これは発電事業の高度化の一環として進出を予定するO&M事業(オーナーに代わって運転管理・維持管理業務を代行する事業)の運営企業だ。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 浅川 裕之)

《MW》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below