Reuters logo
フィスコ、「機関投資家&アナリスト企業調査レポートアワード2016年度」を発表
2017年7月6日 / 00:21 / 4ヶ月後

フィスコ、「機関投資家&アナリスト企業調査レポートアワード2016年度」を発表


*09:17JST フィスコ、「機関投資家&アナリスト企業調査レポートアワード2016年度」を発表
フィスコ3807はこのほど、フィスコ企業調査レポートを活用した企業の表彰制度「機関投資家&アナリスト 企業調査レポートアワード」の2016年度の結果を発表した。同アワードは昨年から発表しており、今年で2回目となる。

昨年と同様に、評価項目は、機関投資家およびアナリスト中からフィスコが厳選した審査員である20名から希望が多かったESG、CSR、ビジネスモデル、成長性、社員満足度に絞り、当該審査員に2016年1年間にリリースされたフィスコ企業調査レポートの中から各評価項目の各々上位5社を選出。各項目の上位5社と評価委員のコメントは以下の通り。

■ESG
1位 エスプール2471 59点
2位 クラウドワークス3900 33点
2位 メディカルシステムネットワーク4350 33点
4位 イーレックス9517 23点
5位 サカタインクス4633 19点
【評価委員コメント】
エスプールは障がい者のやりがいある職場づくりと企業の法定雇用率達成を支援し、知的障がい者に就業機会を創出しています。クラウドワークスは働き方改革への貢献、クラウドソーシングサービスによるフリーランス支援が注目されました。メディカルシステムネットワークは財団等による地域医療への貢献、札幌社会福祉フォーラムの運営サポートを行っています。イーレックスは植物由来の再生可能エネルギーである大規模バイオマス発電開発を積極的に進めています。サカタインクスは環境配慮製品率の高さや、あらゆる事業活動において環境に配慮した経営が評価されました。

■CSR
1位 KDDI9433 27点
1位 アサヒグループホールディングス2502 27点
3位 イオン8267 18点
4位 花王4452 12点
5位 NTTデータ9613 9点
【評価委員コメント】
KDDIは情報モラル教育への積極的な取り組みのほか、社会貢献サイト「キボウのカケハシ」の設置、障がい者向けIT教室の支援などを行っています。アサヒグループホールディングスは社有林「アサヒの森」における持続可能な森林経営に取り組んでいます。イオンはペットボトルキャップを通じて途上国の子どもたちを支援しているほか、地域社会への貢献として自治体との包括提携協定の締結を全国で進めています。花王は毎日の暮らしのなかで、子どもたちを守る清潔習慣づくりを支援しているほか、都市緑化機構との協働で地域の緑を守り育てる活動を支援しています。NTTデータは「社会や地域」「はたらく人」「地球環境」の3つの「しくみ」からなる「CSR重点テーマ」を掲げています。

■ビジネスモデル
1位 インフォマート2492 39点
2位 アライドアーキテクツ6081 20点
3位 アイリッジ3917 18点
4位 農業総合研究所3541 16点
5位 ティーケーピー3479 13点
【評価委員コメント】
インフォマートはストックビジネスモデルによる利益成長を実現しているほか、業界を問わない受発注などの統一化を促進しています。企業のSNSマーケティング活動を支援するアライドアーキテクツは、主要 SNS との強固な関係性が強みとして評価されました。アイリッジはブロックチェーン技術による地域電子通貨の取り組みが注目されています。農業総合研究所は「農業×IT」による農業流通革命で新しいビジネスモデルを生み出しています。ティーケーピーは空間再生流通事業という斬新さが評価されました。

■成長性
1位 RIZAPグループ2928 96点
2位 アライドアーキテクツ6081 40点
3位 JIG−SAW3914 36点
4位 アトラエ6194 20点
4位 農業総合研究所3541 20点
【評価委員コメント】
RIZAPグループは昨年に続き1位となりました。プライベートジム「RIZAP」事業を軸とした成長が続くうえ、積極的なM&Aの活用やグループシナジーの創出も評価されました。2位のアライドアーキテクツは企業におけるSNSマーケティングニーズの拡大を追い風に、2017年12月期の経常利益が前期比2.1倍に拡大する見込みです。JIG−SAWは IoT(モノのインターネット)社会の進展で注目されており、再生医療分野の取り組みにも期待が集まっています。アトラエは人材紹介サービス「Green」が好調です。農業総合研究所には農業の新しいあり方を主導していくと期待されています。

■社員満足度
1位 日本M&Aセンター2127 46点
2位 J−オイルミルズ2613 39点
3位 UTグループ2146 19点
4位 ベネフィット・ワン2412 16点
4位 ワールドホールディングス2429 16点
【評価委員コメント】
日本M&Aセンターは社員のチャレンジを促すとともに積極的な還元を行っています。コンサルタントのモチベーションの高さが同社の競争力につながっているとみられます。J−オイルミルズは福利厚生の充実や役割等級制度などにより、高い社員定着率を実現している点が評価されました。製造業向け派遣・請負大手のUTグループは業界No.1の定着率が強みとなっています。ベネフィット・ワンは社内ベンチャー制度やオープンポジション制度など社員が挑戦する環境が整っていることに加え、社内通貨による各種報酬制度が注目されました。ワールドホールディングスは人材・教育ビジネスにおける手厚いキャリア形成支援が評価されました。



《FA》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below