Reuters logo
パンチ Research Memo(4):2021年3月期の業績目標は売上高470億円以上、営業利益33億円以上
2017年7月6日 / 06:42 / 4ヶ月前

パンチ Research Memo(4):2021年3月期の業績目標は売上高470億円以上、営業利益33億円以上


*15:37JST パンチ Research Memo(4):2021年3月期の業績目標は売上高470億円以上、営業利益33億円以上
■中期経営計画「バリュークリエーション2020」

2. 経営数値目標
具体的な経営目標値として、2段階に分けて設定している。第1段階目は2019年3月期まででベトナム工場の立ち上げなど先行投資による助走期間となる。業績目標値としては2019年3月期に売上高420億円、営業利益25億円、親会社株主に帰属する当期純利益17億円を計画している。その後、2年間はグループ新生産体制の本格始動による収益性向上を見込み、最終年度となる2021年3月期には売上高470億円以上、営業利益33億円以上、親会社株主に帰属する当期純利益23億円以上を目指していく。また、売上高営業利益率は2021年3月期で7.0%、ROEでは11.0%を目標としている。

2021年3月期までの5年間の総投資額は140億円を予定しており、過去4年間の総投資額41億円に対して積極的な投資を計画している。ベトナム工場や大連工場への投資のほかR&D設備への投資、また、国内や中国工場の老朽化した設備の更新投資などが含まれる。設備の更新に当たっては、自動化ラインに置き換えることで生産性の向上も同時に進めていく考えだ。なお、設備投資資金は営業キャッシュフローの範囲内に収まる見込みだが、不足すれば借入金等で賄う予定としている。

世界の金型用部品の市場規模は2016年で約5,600億円規模になったとパンチ工業6165では推計しており、今後も年率数%の緩やかな成長が続くと見ている。現在、同社の市場シェアは世界ベースで見ると7%程度にしかすぎず、欧米市場を中心に開拓余地は多く残されている。特注品と標準品(カタログ品)の両方の顧客ニーズに対応できる開発力やリバースエンジニアリングを含めたサポート力を強みに、新規顧客の開拓や既存顧客での取引シェア拡大を進めていくことで、中期経営計画の達成は十分可能な水準であるとフィスコでは見ている。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 佐藤 譲)


《HN》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below