Reuters logo
東京センチュリー---日本の金融・サービス企業では初となる二国間クレジット制度に係る案件の採択
2017年7月6日 / 07:22 / 5ヶ月後

東京センチュリー---日本の金融・サービス企業では初となる二国間クレジット制度に係る案件の採択


*16:19JST 東京センチュリー---日本の金融・サービス企業では初となる二国間クレジット制度に係る案件の採択
東京センチュリー8439は6日、環境省及び公益財団法人地球環境センターが募集した「平成29年度二国間クレジット制度(JCM)資金支援事業のうち設備補助事業」について、同社が応募した「自動車部品工場への1.53MW屋根置き太陽光発電システムの導入」案件が採択されたと発表。

本件は、日本の金融・サービス企業がJCMの代表事業者を務める初めての選定事例。また、フィリピンがJCMパートナー国に指定されて以降採択された初回案件となり、JCMの活用により、当該現地企業は設備投資コストの一部を補助金で賄うことが可能となる。

同社は有力なパートナー企業との協働により、温室効果ガス削減及びエネルギー自給率向上といった社会的意義の高い取り組みを加速している。今後もASEAN各国においてJCM等を利用した温室効果ガス削減につながる低炭素技術の普及・促進に貢献していく考え。



《TN》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below