Reuters logo
早稲アカ Research Memo(4):高い合格実績と人気タレントの広告起用により問合せ件数が急増中
2017年7月7日 / 06:13 / 4ヶ月後

早稲アカ Research Memo(4):高い合格実績と人気タレントの広告起用により問合せ件数が急増中


*15:06JST 早稲アカ Research Memo(4):高い合格実績と人気タレントの広告起用により問合せ件数が急増中
■業績動向

2. 2017年春の合格実績とその反響
早稲田アカデミー4718が経営指標として重視する合格者実績数については、中学、高校、大学受験ともに2017年春は好成績を残した。特に、中学受験における男女御三家中学の合格者実績は過去最高の385名と想定以上の結果となった。教務力向上を目的とした指導マニュアルの整備や従業員研修の強化に取り組んだことや、進学情報のタイムリーな提供並びに保護者会の充実など、顧客ニーズに適ったサービスを全社統一的に提供する体制を整えてきたことが好結果につながったと見られる。男女御三家合格者数ではSAPIXが832名とまだ倍以上の開きがあるが、同社では2020年に550名を目標に、更なる教務力の向上に取り組み、将来的に業界No.1を目指していく考えだ。

また、高校入試については引き続き早慶付属校の合格者数で1,459名と業界No.1を維持し、安定した強さを見せたほか、国立難関4校(筑駒、筑附、学芸大附、御茶ノ水附)についても2016年の166名から2017年は212名と大幅に伸長するなど好結果となった。

こうした合格実績は新規生徒の獲得に影響を及ぼす。実際、3月以降の入塾に関する資料請求件数の対前年同期の伸び率を見ると、全学部合計で3月は約2割増となっているのに対して、小学部に関しては40%以上の伸びとなっている。中学受験の好結果が週刊誌やインターネットの口コミなどで広まったことが影響していると見られる。また、4月後半以降に関しては更にその伸びが加速している。これは、4月から人気タレントの芦田愛菜さんを広告宣伝に起用した効果が大きいと見られる。本人も、2017年春に難関中学に合格したことから、宣伝効果も絶大だ。今後はテレビCMなど各メディアでも積極展開していく予定になっており、2018年3月期の生徒数は小学部を中心に例年以上の伸びが期待できると弊社では見ている。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 佐藤 譲)


《TN》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below