Reuters logo
フリービット Research Memo(7):法人向けモバイル商品、不動産テック関連でも展開が加速
2017年7月7日 / 06:18 / 4ヶ月前

フリービット Research Memo(7):法人向けモバイル商品、不動産テック関連でも展開が加速


*15:12JST フリービット Research Memo(7):法人向けモバイル商品、不動産テック関連でも展開が加速
■中長期の成長戦略

● モバイル革命と生活革命への進出
フリービット3843は2016年6月に4ヶ年の中期事業方針「SiLK VISION 2020」を発表し、2020年4月期に売上高500億円、営業利益50億円を目指している。グループ基本方針のモバイル革命と生活革命の2つの成長領域では、中核となる事業・サービスが出そろってきた。

新しい法人向けのモバイル商品としては、2016年11月に発売された「freebit cloud security SIM」がある。本サービスは、SIMを使用したモバイル通信に対してセキュリティフィルタリング機能を提供し、「利便性」と「セキュリティ」の両立を可能にする。このサービスは、働き方改革の推進に伴い、テレワークを導入する企業が増加するなかで需要が伸びている。2017年5月には伊藤忠テクノソリューションズグループのシーティーシー・エスピー(株)との協業も開始され販売に拍車がかかりそうだ。

生活革命では、不動産テックにおいても布石が打たれている。2017年5月に、同社は、ホームITベンチャーであるLive Smartと業務提携契約を締結し、日本で初となる集合住宅向けIoTプラットフォームサービスの提供を目指すことを発表した。スマートフォンから鍵やエアコンなどの家電製品、カメラなどを一元的に遠隔操作できる機能の利便性が高く、不動産を貸す側からすれば、空室率を低減させる決め手に成り得る。2017年2月に発表されたイオンハウジングのブランドで不動産仲介業を行うフォーメンバーズの連結子会社化も、家の中のIoT化推進が狙いだ。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 角田 秀夫)


《TN》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below