Reuters logo
カナミックN Research Memo(3):東大との共同研究で誕生した“柏モデル”の情報共有プラットフォームが強み
2017年7月10日 / 06:06 / 4ヶ月前

カナミックN Research Memo(3):東大との共同研究で誕生した“柏モデル”の情報共有プラットフォームが強み


*15:04JST カナミックN Research Memo(3):東大との共同研究で誕生した“柏モデル”の情報共有プラットフォームが強み
■事業概要

1. 事業環境
日本の人口ピラミッドにおいて2025年は大きな節目の年であり、“2025年問題”とまで言われる。団塊の世代が75歳を超え、2014年に1,592万人だった75歳以上人口は、2025年に2,179万人に達する。統計では75歳以上になると、要介護認定を受ける人の比率は23.3%に上り、75歳未満の3%から大きく跳ね上がる。このような変化を反映して、国の社会保障費の中の介護費は2014年に10兆円であったものが、2025年には20兆円になることが推計されている。介護事業所も約35万事業所(2014年)から約70万事業所(2025年)に、在宅医療を行う医療機関も約1.5万(2014年)から約2.2万(2025年)にそれぞれ増えることが予想されている。カナミックネットワーク3939の提供するシステムのユーザーは医療・介護従事者であり、その人数も今後大きく増加することが想定される。

地域包括ケアは厚生労働省が提唱・推進する施策であり、2025年を目途に、重度な要介護状態となっても住み慣れた地域で自分らしい暮らしを人生の最後まで続けることができるよう、住まい・医療・介護・予防・生活支援が一体的に提供される仕組みの構築を目指すものである。「在宅医療・介護連携」の取り組みの主体は市区町村であり、介護保険法の中で制度化されており、2018年4月にはすべての市区町村で取り組みが開始される。厚生労働省では、「医療・介護等の分野の生産性革命(介護ロボット等の活用推進、ICTを活用したペーパーレス化による文書量の半減)」を重点項目としており、同社のサービスにとっては追い風となっている。

2. クラウドサービス:概要
同社のカナミッククラウドサービスの主要なモジュールは「情報共有プラットフォーム」と「介護業務管理システム」の2つである。

「情報共有プラットフォーム」の導入対象顧客は自治体、医師会、中核病院、在宅医などであり、中学校区を目安とする地域全体で導入される。システム画面は患者毎に作成されており、患者のプロファイル(基本情報やケアプランなど)や日々のデータ(バイタル情報、食事、水分、排泄、薬剤情報、ケア実施状況など)が統合的に管理される。このページには患者を担当している関係者のみが入ることができ、クローズド型のSNS機能を持つ。1人の患者に関連する様々な主体(主治医、在宅主治医、ケアマネジャー、ヘルパー、地域包括支援センター、家族、薬剤師、訪問看護師)が連携する重要な情報インフラとなっている。

「介護業務管理システム」は、「情報共有プラットフォーム」と連携したシステムであり、介護に関わる法人や事業所(地域包括支援センター、ケアマネジャー、介護サービス事業者)が導入する。クラウドの特性を生かし、スマートフォンやタブレット端末で操作が行えるため、介護の現場で利用することができ、介護現場のペーパーレス化や業務の効率化が可能になり、多職種連携の課題である二重入力等の負担軽減も特長である。サービスラインの1つである「在宅介護サービス管理システム」では、訪問介護計画書、介護記録、モニタリング、シフト管理、介護保険請求、給与管理、債権管理など業務が一気通貫でシステム化されている。

同社のカナミッククラウドサービスは、1階層目が「介護業務管理システム」、2階層目が「情報共有プラットフォーム」となっており、相互に連携して地域内での医療・介護連携を支援している。2011年には、特許「介護支援システム及び介護支援プログラム(特許番号4658225号)」を取得しており、この仕組みの独創性は折り紙付きだ。

3. クラウドサービス:主要経営指標
同社のクラウドサービスは急速に普及している。情報共有システム導入地域は2017年9月期第2四半期末で477地域(2016年9月期末比28.9%増)となった。また、クラウドサービスのユーザー数は、有料・無料を合わせて60,946人(2016年9月期末比18.5%増)となり、特に無料ユーザーの伸びが大きい。地域の医療・介護従事者は2階層目の情報共有プラットフォーム及び連携機能を無料で利用可能であり、その利便性を体感した上で、1階層目の業務システムを導入またはリプレイスする流れとなる。

結果として、クラウドサービス売上高は、2017年9月期第2四半期で538百万円(2016年9月期第2四半期比20.2%増)と堅調に成長している。

4. クラウドサービス:強みと競合
他社がまねできない同社ならではの強みは、同社の医療介護連携クラウドサービスが東京大学高齢社会総合研究機構との共同研究により開発され、千葉県柏市の地域包括ケアで実証されたモデル(柏モデル)の中で磨かれてきたという点である。柏モデルは、行政が中心となって、多職種(医師、看護師、介護事業者など)と連携し、在宅医療を推進した先進事例である。厚生労働省も成功事例として紹介しており、他地域からの視察が絶えない。

「地域での情報共有システム」の分野では同社は草分けであり、圧倒的なシェアNo.1である。一方「介護向け業務システム」では競合が多数おり、エヌ・デーソフトウェア3794などがシェアでリードする。同社としては、クラウドサービスであることや情報共有プラットフォームを持つことで差別化したい考えだ。

5. コンテンツサービスの概要
インターネット広告市場は2016年に1兆3,100億円に達し、前年比13.0%で成長している。同社のコンテンツサービスは医療・介護専門職向けに特化したインターネット広告配信サービスである(患者やその家族も利用可能)。出稿する企業にとっては、対象が明確であるために効果が見えやすく、地域も絞りやすい。インターネット広告のほか、ユーザー会参加、Webアンケート、サンプル試供品配布などのサービスメニューもある。コンテンツサービス売上高は、2017年9月期第2四半期で29百万円(2016年9月期第2四半期比38.2%増)と売上規模は小さいが伸びは大きい。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 角田 秀夫)


《TN》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below