Reuters logo
スリー・ディー・マトリックス<7777>---共同プロジェクトのAMED橋渡し研究戦略的推進プログラムが採択
2017年7月11日 / 04:13 / 4ヶ月後

スリー・ディー・マトリックス<7777>---共同プロジェクトのAMED橋渡し研究戦略的推進プログラムが採択


*13:08JST スリー・ディー・マトリックス7777---共同プロジェクトのAMED橋渡し研究戦略的推進プログラムが採択
スリー・ディー・マトリックス7777は10日に、国立研究開発法人日本医療研究開発機構(以下AMED)による、2017年度「革新的医療技術創出拠点プロジェクト」関連シーズ「橋渡し研究戦略的推進プログラム」に、広島大学大学院医歯薬保健学研究科の田原栄俊教授を研究開発代表者として同社も参画するプロジェクトが採択されたことを発表した。

本プロジェクトの目的は、がん幹細胞および抗がん剤耐性がん細胞に作用する革新的抗腫瘍核酸医薬の開発である。臨床適用経験のある同社開発の界面活性剤ペプチドにより、AMEDプログラムの3年間において核酸医薬候補品の前臨床試験を実施し、共同研究開発を目指す。
現在、当社と広島大学による共同特許出願を現在準備中であり、AMEDプログラム終了後は
広島大学と協議の上、同社により事業化されることが期待されている。

《MW》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below