Reuters logo
細田工務店 --- 中期経営計画の不動産事業にて売上計画を上方修正
2017年7月11日 / 23:39 / 4ヶ月後

細田工務店 --- 中期経営計画の不動産事業にて売上計画を上方修正


*08:29JST 細田工務店 --- 中期経営計画の不動産事業にて売上計画を上方修正
細田工務店1906は、木造住宅に特化した高品質住宅を提供。用地取得から設計・施行・販売・アフターメンテナンスまで行う自社一貫体制と東京杉並区・世田谷区、神奈川・千葉を基盤に地域に根付いたエリア戦略が強み。

建設事業は主力法人受注が安定的に推移。資材価格の高騰や労務確保の課題に対して、受注件数と施工量の確保により利益率改善に注力。個人受注ではエコサーマル(高気密・高断熱仕様)を採用したモデルハウスを京王井の頭線浜田山駅の最寄りにオープン。受注単価と契約率向上に寄与。リフォーム受注では「家と暮らしの相談所」4店舗目をJR西荻窪駅前にオープンし地域に密着した営業展開。
不動産事業は事業エリアを厳選しながら分譲事業を推進。戸建分譲事業では用地取得から商品企画、設計・施行、販売までの期間の短縮化により在庫回転率を高め、用地価格の高騰リスクに対応。

昨年第二次中期経営計画発表。当初不動産事業売上を90億と発表したが、分譲事業の強化と買取再販事業への取組から不動産事業売上を120億へ上方修正。資本業務提携した伯東株式会社7433との資材購買を協働することで建築コストの削減、外部環境に影響されにくい企業体質の構築を目指す。

平成30年3月期決算は売上221.24億(前期比12.6%増)、営業利益5.54億(前期比14.8%増)、経常利益2.94億(前期比23.1%増)、親会社株主に帰属する当期純利益は2.38億(前期比0.8%減)を見込む。



《TN》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below