Reuters logo
システム ディ Research Memo(6):国公立・私立大学、私立学園向け校務支援ソフトでデファクトスタンダード化
2017年7月13日 / 06:53 / 4ヶ月前

システム ディ Research Memo(6):国公立・私立大学、私立学園向け校務支援ソフトでデファクトスタンダード化


*15:46JST システム ディ Research Memo(6):国公立・私立大学、私立学園向け校務支援ソフトでデファクトスタンダード化
■中長期の成長戦略と事業部門別取り組み状況

2. 学園ソリューション事業
学園ソリューション事業は国公立大学と私立学校法人向けに、学園運営全般に対する様々な業務支援ソフトによりトータルソリューションを提供している。主力製品ブランドは『キャンパスプラン』で、学務系(対学生・生徒業務)と法人系(学校法人の内部管理業務)の双方で幅広くソフトウェアがラインナップされているのが特長となっている。現在では全国の大学約1,100校中350校にシステム ディ3804の校務支援ソフトが導入されるなど、業界トップシェアとデファクトスタンダードの地位を確立している。

学園ソリューション事業の成長戦略は、前述した『V&V Business』戦略や、パッケージソフトのバージョンアップによる高収益化といった戦略がそのまま当てはまる。これまでのところ、日本大学からの大型カスタマイズ案件の受注(2016年10月期)など、Value Businessを順調に積み上げてきた。また小規模法人向けVolume Businessも顧客数拡大を今後加速させていく方針だ。

2017年10月期第2四半期は主力製品の『キャンパスプラン.NET Framework』がユーザーから引き続き高い支持を得て、売上は微増だったものの利益は安定的に伸長したもようだ。導入学園数も順調に拡大し、2017年4月末時点で951校に達した。2017年10月期下期以降は前期までに受注した大型案件の売上計上が予定されており、売上高は大きく伸びる見通しだ。しかし利益面では、大型案件の採算性は必ずしも高くないとみられるため、若干注意が必要だと弊社では考えている。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 浅川 裕之)


《TN》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below